ランブリングフィッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ランブリングフィッシュ』は、2006年7月2日から同年9月24日までKBS京都で放送されていたハイビジョン放送対応のテレビドラマ。全十二話。脚本監督林正明

あらすじ[編集]

IT企業のエリート社員である青木哲郎(原田篤)は、大学時代から交際していた岡嶋泰子(大谷允保)に結婚を申し込もうとするが、中々タイミングが掴めない。仕事と恋愛の狭間で揺れる哲郎。全てが中途半端に感じた哲郎は、妥協と諦めの日々を捨て、決して諦めない人生を歩もうと決意する。そんな哲郎が選んだ職業は、なんと漁師だった。哲郎の意外な選択の結果は?そして泰子との恋の行方は?

ドラマ名の「ランブリングフィッシュ」は「ランブルフィッシュ」が元となっており、闘魚を意味する。熱帯魚ベタの別名。

キャスト[編集]

※特別出演は葛山信吾

スタッフ[編集]

  • 脚本・監督:林正明
  • 音楽:竹間淳一松岡ヨシミ
  • 制作協力:アスタリスク、MC2ソリューションズ
  • 製作:ランブリングフィッシュ製作委員会

主題歌[編集]

ネット局[編集]

外部リンク[編集]