ラル人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラル人
(ラレスタン人)
総人口
約10万人 (2014年)[1]
居住地域
イランの旗 イラン 不明
クウェートの旗 クウェート 不明
バーレーンの旗 バーレーン 不明
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 不明
カタールの旗 カタール 不明
言語
ラル語, ペルシャ語
宗教
主にイスラム教スンニ派と少数のイスラム教シーア派
関連する民族
イラン系民族, ホウラ人英語版

ラル人ラレスタン人とも呼ばれる主にイラン南部の歴史的にラレスタン英語版と呼ばれる地域に住むペルシャ人に属する民族集団である。多くのラル人がクウェートバーレーンアラブ首長国連邦などの湾岸諸国に移住している。歴史的なラレスタン地域はファールス州ラレスタン郡英語版ホンジュ郡英語版ゲラシュ郡英語版ラメルド郡英語版ホルモズガーン州の山地のバスタク郡英語版から成り立っている。バーレーンではラル人のスンニ派バーレーン人の先祖はホウラ人として知られている。

ラル人はラル語を話す。また、ラル人はペルシャ人の子孫であるが[2]スンニ派イスラム教徒が大半を占め[2][3][4][5]シーア派イスラム教徒が少数派である。13世紀、ラレスタンの中心地ラルペルシャ南部の貿易や商業の中心地となり、紛争や政治面においてペルシャの本流に決して巻き込まれることなく、ほぼ常に曖昧な地域であり続けた[2]

ラル人は自分たちのことをホドモーニ("Khodmooni")といい、文字通りでは「我々の一部」という意味であるが、比喩的に歴史的なラレスタン地域出身者という意味で用いられる。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ larestani”. EveryTongue (2014年3月22日). 2014年3月22日閲覧。
  2. ^ a b c Larestani, Lari in Iran”. 2016年5月6日閲覧。
  3. ^ Larestani people of Iran”. 2016年5月6日閲覧。 “The Larestani people are predominantly Sunni Muslims.”
  4. ^ Larestani”. 2016年5月6日閲覧。 “While most people in Iran are Shi’ite Muslims, the Larestani are Sunnis.”
  5. ^ Islamic Desk Reference. pp. 225. https://books.google.com/books?id=zHxsWspxGIIC&pg=PA225&dq=laristan+sunni+fars&hl=en&sa=X&ei=IFieUsa9NMqM7Aa-pYDoBQ&ved=0CDMQ6wEwAQ#v=onepage&q=laristan%20sunni%20fars&f=false.