ラリー (猫)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラリー
Larry
Larry Chief Mouser.jpg
イギリスの旗 首相官邸ネズミ捕獲長
就任
2011年2月15日
君主エリザベス2世
首相
前任者シビル
個人情報
生誕c.2007年1月(14歳)
国籍イギリスの旗 イギリス
住居ダウニング街10番地
職業ネズミ捕獲長
受賞バタシー・ドッグズ・アンド・キャッツ・ホームブルー・プラーク (2012年)
性別オス

ラリー: Larry)は、ダウニング街10番地にあるイギリスの首相官邸で首相官邸ネズミ捕獲長を2011年から務めるである。

茶色と白の雄のトラ猫で、2007年1月生まれと考えられている。テリーザ・メイイギリスの首相になった2016年7月までには、ラリーは外務・英連邦省所属の、彼よりもずっと若いパーマストンなどの他の猫との関わりの中で、「凶暴(violent)」という評判が広まった[1]

生い立ち[編集]

ダウニング街10番地、ラリーの公邸および職場

ラリーは、バタシー・ドッグズ・アンド・キャッツ・ホームに保護された迷い猫で、ダウニング街のスタッフによって選ばれた[2]。ラリーはキャメロン首相の子供たちのペットとなる予定で、またダウニング街の情報源により「すぐれたネズミ捕り」であり「高い追撃能力と狩猟本能」を持っていると述べられた[3]。2012年、バタシー・ドッグズ・アンド・キャッツ・ホームはラリーの評判によって猫を引き取る人が15%も増加したと発表した。

ラリーがダウニング街に連れてこられた後すぐに、ラリーが迷い猫であることや、最初の飼い主がラリーを救う運動を始めたことが大々的に報道された[4]。しかし、この話は、後にいたずらであると判明し、このような飼い主や運動は存在しないと分かった[5]

キャリア[編集]

公務[編集]

ラリーの公務は「官邸の来客への挨拶、防衛の安全確認、骨董家具の寝心地検査」であるとダウニング街のウェブサイトは述べている[6]。ラリーは「官邸にネズミがいることの解決策を考えて」おり、そのような解決策はまだ「戦術的計画段階」にあるとダウニング街に伝えたとのことである[6]

1929年からの前任者たちとは違って、ラリーの扶養費はダウニング街10番地のスタッフによって提供される[7]。 ラリーのエサ代を払うための募金のイベントには大広間でダウニング街のスタッフが開催するクイズナイトもある[8]

首相官邸ネズミ捕獲長としての仕事[編集]

ラリーは2011年4月22日に初めてネズミを殺した[9] 。2012年8月28日、ラリーは初めて人のいる前でネズミを殺し、10番地の前に獲物を置いた[10]。2013年10月には、ラリーは2週間で4匹のネズミを捕らえて、あるスタッフのメンバーがラリーの手から1匹のネズミを助けた[11]

2015年7月、財務大臣のジョージ・オズボーンと内閣府大臣のマシュー・ハンコックは財務大臣のオフィスでネズミを追い詰めてサンドウィッチの紙袋の中に閉じ込めた。新聞は財務大臣が首相官邸ネズミ捕獲長の地位を引き継ぐかもしれないというジョークを報じた[12]

デイビッド・キャメロンは、2016年の最後の首相質問でラリーは公務員であり個人の財産ではない、そのため首相が代わった後もダウニング街を去ることはないと説明した[13]労働党は労働党政権である場合はラリーが首相官邸ネズミ捕獲長として居続けるだろうと確認した[14]。2020年1月現在、ラリーはボリス・ジョンソン政権で彼の地位を保持している。

テリトリーの変遷[編集]

米大統領ドナルド・トランプの訪問時、ダウニング街10番地の窓の上にいるラリー(左)

2011年、ラリーの毛が首相の新品のスーツを汚すので、ラリーはダウニング街10番地の首相の区画から締め出された。

前副首相のニック・クレッグは、入るためにマイクでの連絡が必要なダウニング街内部のセキュリティドアがますます「安全のためではなく、建物の片方の端からもう片方の端に猫を閉め出すために」使われていると述べた[15]。2013年2月、アレルギーを持つ職員から苦情が来た後、ラリーと隣人フレイヤが外務省に入ることを妨げるため猫を仕切る壁が建てられた。外務・英連邦大臣ウィリアム・ヘイグはのちに壁を壊すように頼んだ。

2015年12月、前内務大臣のデイビッド・ブランケットは、当時ネズミが群がっていたウェストミンスター宮殿を含むよう任務を増やすことをラリーに頼むべきだと提案した[16]

政治家との関係[編集]

デイビッド・キャメロンは、ラリーは保護された迷い猫なので男性の前では「少し神経質」であると言った。これは、ラリーの過去のいやな経験によるものかもしれないと推測される。キャメロンはバラク・オバマがこの恐怖心の明らかな例外であると言及した。キャメロンは「面白いことにラリーはオバマのことが好きだ。オバマはラリーを撫でたが、彼はオバマなら平気な様子だった」と語った[17]

2013年9月、報道によるとキャメロンとラリーの間で緊張が大きくなった。キャメロンは猫の毛が服につくと文句を言い、ダウニング街に客が来た際に、キャットフードの臭いを消臭スプレーで隠さなければならなかった。ペットはPRの小道具なのではないかという指摘の中で、キャメロン家はラリーを好きではないと言われた。キャメロンはツイッターに「ラリーとは完全にニャか良くしている」[18]と投稿した。それにもかかわらず、ブックメーカーのラドブロークスは、ラリーよりキャメロンのほうが早くダウニング街を去る可能性が高いと見積もった。『デイリー・テレグラフ』は、キャメロンはそれほど猫が好きなわけではないが、スピンドクターはラリーのおかげで首相が優しそうに見えると信じていたと伝えた[19]。2016年に官邸から去る時、キャメロンはラリーを一緒に連れていくことができない「悲しみ」を口にした[20][21]テリーザ・メイが2016年に首相になった時、ラリーがストレスを抱えキャメロン一家を恋しがるかもしれないという心配があった[22]

2016年8月、国民生活水準委員会元会長のアリステア・グレアムは「ラリーが何も得なかったことに驚いた」という冗談で、キャメロン議会解散時の叙勲者名簿の不公平さについての論争に応えた[23]

2019年6月、報道ではフォトボム英語版と表現されたが、米大統領ドナルド・トランプのイギリス公式訪問の始めに、テリーザ・メイと夫フィリップがトランプと妻メラニアとともに10番地の外でポーズを取った時、窓台の上のラリーが写り込んでいた。彼はその後トランプの大統領専用車の下で雨宿りし出てこようとしなかったため、BBCのジョン・ソペルは「速報:反トランプのデモ隊が止めることができなかった@realDonaldTrumpのパレードを@Number10catが止める」とツイートした[24][25]

他の動物との関係[編集]

2012年6月、ダウニング街11番地に引っ越した財務大臣ジョージ・オズボーンは、長いこと行方不明だった猫のフレイヤと再会した。フレイヤとラリーは喧嘩をしているところも目撃されたが、すぐに親しい関係になったと報じられた[26]。フレイヤはより支配的な猫で、効率のいいネズミ捕りであり、野良で過ごした日々のために「強気」になったのだと伝えられている[27]。2014年11月、フレイヤはダウニング街を去り、ラリーが唯一のネズミ捕りとなった[28]

2014年、オズボーンは犬のペットのローラを連れてきた。首相補佐官はローラがラリーとフレイヤと仲良くやっていると報告した。

2016年4月、新しい猫の隣人のパーマストンイギリス外務省へ引っ越してきた[29]。時々は仲が良いことで知られるが、2匹の猫は色々な機会に喧嘩した[22][30]院内総務はパーマストンとラリーは暫定協定を結ぶことが望ましいとコメントした[31]。その年の7月、パーマストンは10番地に入り、警備員によって強制的に立ち退かされた[32]。2016年9月、ブレンカスラ卿は貴族院で、なぜ政府はパーマストンとの喧嘩の時の傷を治したラリーの獣医の請求を払わなかったのか、そして政府はラリーの治療費を払った公務員に払い戻しをしないのかという質問を提出した[33]。貴族院において政府を代弁する発言を行う議員オウルペンのチザム女男爵カーリン・チザムは「そのコストはラリーを愛する職員の自主的な寄付によって清算された」と発言した。

2016年8月1日、政府写真家のスティーブ・ベックによると、ラリーは、10番地の階段でパーマストンと「最も残酷な戦い」をした[34]。ラリーは首輪を失った一方、パーマストンは深い傷を負い、ひどく耳を切った[34]

2016年8月、内閣府がネズミの問題を解決するためもう1匹の首相官邸ネズミ捕獲長を任命しようと検討していたことが明らかになった。院内幹事長のギャビン・ウィリアムソンは、その猫はクロムウェルという名前になると言った[32]

2019年9月、新入りの犬ディリンがダウニング街にやって来た。バタシー・ドッグズ・アンド・キャッツ・ホームはラリーとの交渉役を申し出た[35]

批評[編集]

ラリーは気質と仕事ぶりの両方で批判されている。ダウニング街到着後1か月以内で、匿名情報源はラリーを「殺し屋としての本能が明らかに欠けている」と述べた[36]

その年の後半、ラリーはネズミを探すよりも多くの時間を睡眠に費やし、また雌猫のメイジーと一緒に過ごしたことが明らかになった[37]。2011年のある時期、ダウニング街がネズミで溢れかえっていたため、首相は官僚たちとのある食事会の際、一匹に向かってフォークを投げた[37]。ラリーは2012年にデヴィッド・キャメロンの書斎で見つかったネズミに反応しそこね、もう少しで免職されるところだった[38]。殺し屋としての本能の欠如はまた、タブロイド紙による「Lazy Larry(ものぐさラリー)」というニックネームを彼にもたらした[38]。2012年9月、フレイヤが首相官邸ネズミ捕獲長の役割を分担するよう任命された。

受賞歴[編集]

ラリーは2012年10月バタシー・ドッグズ・アンド・キャッツ・ホームにブルー・プラークが設置される栄誉を得た[39]

メディアへの登場[編集]

ラリーの性格について書かれた本、Larry Diaries: Downing Street - the First 100 Daysを『ガーディアン』のジャーナリスト、ジェームズ・ロビンソンが2011年に出版した [40]

ラリーの最初の在任2年を祝うための写真特集ページがデイリー・テレグラフによって作られた[41]

2012年、ラリーはGoogle ストリートビューで10番地のドアの隣で寝ている姿が見うけられた[42]

ラリーの10番地での生活における功績と観察はTed Harrisonによるサンデー・エクスプレスの週刊漫画の題材となった[38]

参考文献[編集]

  1. ^ Horton, Helena (2016年7月13日). “Larry vs Palmerston is the real fight in Westminster” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/07/13/larry-vs-palmerston-is-the-real-fight-in-westminster/ 2018年5月10日閲覧。 
  2. ^ The Cat's Whiskers | Boulton & Co. | Sky News Blogs” (2011年2月18日). 2018年5月10日閲覧。
  3. ^ “Downing St cat 'is a good ratter'” (英語). BBC News. (2011年2月15日). http://www.bbc.com/news/uk-politics-12460596 2018年5月10日閲覧。 
  4. ^ Nissim, Mayer (2011年2月23日). “David Cameron 'stole cat for Number 10'”. Digital Spy. 2011年2月23日閲覧。
  5. ^ Lewis, Paul (2011年2月23日). “Churnalism or news? How PRs have taken over the media” (英語). the Guardian. 2018年5月17日閲覧。
  6. ^ a b Prime Minister's Office, 10 Downing Street - GOV.UK” (英語). www.gov.uk. 2018年5月10日閲覧。
  7. ^ Prince, Rosa (2011年2月15日). “Larry the cat is installed as Downing Street Chief Mouser” (英語). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/politics/conservative/8326293/Larry-the-cat-is-installed-as-Downing-Street-Chief-Mouser.html 2018年5月10日閲覧。 
  8. ^ Kennedy, Maev (2011年9月7日). “Larry the cat fundraiser quiz night to be held at No 10” (英語). the Guardian. 2018年5月10日閲覧。
  9. ^ Stratton, Allegra (2011年4月24日). “Larry the No 10 cat catches first mouse ... finally”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/politics/2011/apr/24/larry-no10-cat-first-mouse 
  10. ^ “Larry the Downing Street cat finally kills first rodent”. ITV News. (2012年8月28日). http://www.itv.com/news/2012-08-28/larry-the-downing-street-cat-finally-kills-first-rodent/ 
  11. ^ McSmith, Andy (2013年10月18日). “Andy McSmith's Diary: Even Larry the cat is not safe from factions in Downing Street”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/uk/politics/andy-mcsmiths-diary-even-larry-the-cat-is-not-safe-from-factions-in-downing-street-8890376.html 
  12. ^ “2 senior UK ministers hunt down rat during budget meeting | Latest News & Updates at Daily News & Analysis” (英語). dna. (2015年7月5日). http://www.dnaindia.com/world/report-2-senior-uk-ministers-hunt-down-rat-during-budget-meeting-2101968 2018年5月17日閲覧。 
  13. ^ Millward, David (2016年8月9日). “David Cameron should save Larry the cat from his lonely life in Downing Street” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/08/09/david-cameron-should-save-larry-the-cat-from-his-lonely-life-in/ 2018年5月17日閲覧。 
  14. ^ Commons Confidential: endangered cats, rebellious Scots and the battle for the Edstone” (英語). www.newstatesman.com. 2018年5月17日閲覧。
  15. ^ Horton, Helena (2016年9月27日). “There is a special door for cats in Downing Street, Nick Clegg confirms” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/09/27/there-is-a-special-door-for-cats-in-downing-street-nick-clegg-co/ 2018年5月23日閲覧。 
  16. ^ PoliticsHome.com (2015年12月24日). “Downing Street cat Larry needed to tackle Parliament's rodent problem, says David Blunkett” (英語). PoliticsHome.com. https://www.politicshome.com/news/uk/social-affairs/politics/news/59694/downing-street-cat-larry-needed-tackle-parliaments-rodent 2018年5月23日閲覧。 
  17. ^ “Number 10 cat catches three mice” (英語). BBC News. (2011年6月20日). http://www.bbc.com/news/uk-politics-13845025 2018年5月21日閲覧。 
  18. ^ perfectlypurr(猫がのどを鳴らす)-fectlyと表現している。
  19. ^ Kirkup, James (2016年7月12日). “David Cameron's worst lie is finally revealed: Larry the cat” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/07/12/david-camerons-worst-lie-is-finally-revealed-larry-the-cat/ 2018年5月23日閲覧。 
  20. ^ Swinford, Steven (2016年7月13日). “David Cameron: I do love Larry the cat and I can prove it” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/07/13/david-cameron-i-do-love-larry-the-cat-and-i-can-prove-it/ 2018年5月23日閲覧。 
  21. ^ “The revelation about how David Cameron spent his weekends he really didn't want publicised” (英語). The Independent. (2016年7月13日). https://www.independent.co.uk/news/people/david-cameron-chillax-chillaxing-chillaxed-description-complain-francis-elliot-times-angry-birds-a7134361.html 2018年5月23日閲覧。 
  22. ^ a b Horton, Helena (2016年7月25日). “Larry the cat makes Whitehall comeback after vet repairs his battle wounds” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/07/25/larry-the-cat-makes-whitehall-comeback-after-vet-repairs-his-bat/ 2018年5月23日閲覧。 
  23. ^ Horton, Helena (2016年8月1日). “People are outraged Larry the Cat isn't on David Cameron's honours list” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/08/01/people-are-outraged-larry-the-cat-isnt-on-david-camerons-honours/ 2018年5月23日閲覧。 
  24. ^ Horton, Alex (2019年6月4日). “Larry the Downing Street cat parks himself under Trump limo”. The Washington Post. https://www.sfgate.com/news/article/Larry-the-Downing-Street-cat-parks-himself-under-13933273.php 
  25. ^ Moran, Lee (2019年6月4日). “Larry the Downing Street Cat Goes All Passive-Aggressive on Donald Trump”. Huffington Post. https://www.huffpost.com/entry/donald-trump-london-state-visit-larry-cat_n_5cf661cbe4b0e8085e40893e 
  26. ^ Prince, Rosa (2012年10月16日). “Police called to break up violent cat fight in Downing Street” (英語). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/politics/david-cameron/9611897/Police-called-to-break-up-violent-cat-fight-in-Downing-Street.html 2018年5月23日閲覧。 
  27. ^ Parkinson, Justin (2012年10月16日). “Downing Street denies cat feud” (英語). BBC News. http://www.bbc.com/news/uk-politics-19967916 2018年5月23日閲覧。 
  28. ^ “Freya has been thrown out of Downing Street” (英語). The Independent. (2014年11月9日). https://www.independent.co.uk/news/uk/politics/george-osbornes-family-cat-freya-sent-away-from-downing-street-to-kent-9849853.html 2018年5月23日閲覧。 
  29. ^ Horton, Helena (2016年4月13日). “Palmerston the cat arrives for work at the Foreign Office” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/04/13/palmerston-the-cat-arrives-for-work-at-the-foreign-office/ 2018年5月23日閲覧。 
  30. ^ Horton, Helena (2017年6月13日). “Tensions grow between Larry and Palmerston as UK in government limbo” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2017/06/13/tensions-grow-larry-palmerston-uk-government-limbo/ 2018年11月20日閲覧。 
  31. ^ “Limping Larry the cat treated by vet amid 'fracas' with rival Palmerston” (英語). BT.com. http://home.bt.com/news/odd-news/limping-larry-the-cat-treated-by-vet-amid-fracas-with-rival-palmerston-11364074846880 2018年5月23日閲覧。 
  32. ^ a b Horton, Helena (2016年8月3日). “Cabinet office 'to appoint cat called Cromwell as Chief Mouser'” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/08/03/cabinet-office-set-to-appoint-cat-called-cromwell-as-chief-mouse/ 2018年5月23日閲覧。 
  33. ^ Ross, Tim (2016年9月17日). “Fur flies in the House of Lords as peer asks: 'Who pays for Larry the Cat?'” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/09/17/fur-flies-in-the-house-of-lords-as-peer-asks-who-pays-for-larry/ 2018年5月23日閲覧。 
  34. ^ a b Horton, Helena (2016年8月1日). “Number 10 cat Larry loses collar in 'most brutal fight yet' with Foreign Office's Palmerston” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/08/01/larry-loses-collar-in-most-brutal-fight-yet-with-palmerston/ 2018年5月23日閲覧。 
  35. ^ Will Larry cope with Dilyn? Here's Battersea's advice on dogs and cats” (英語). inews.co.uk (2019年9月2日). 2020年9月5日閲覧。
  36. ^ Prince, Rosa (2011年2月28日). “Downing Street defends Larry the cat from anonymous briefing” (英語). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/politics/conservative/8350377/Downing-Street-defends-Larry-the-cat-from-anonymous-briefing.html 2018年5月17日閲覧。 
  37. ^ a b “Downing Street cat caught napping” (英語). BBC News. (2011年11月15日). http://www.bbc.com/news/uk-politics-15733365 2018年5月17日閲覧。 
  38. ^ a b c “A softer side of government: How Larry the cat became a purr-fect political companion on Downing Street | CBC News” (英語). CBC. https://www.cbc.ca/news/world/larry-chief-mouser-downing-street-1.3932276 2020年9月6日閲覧。 
  39. ^ “The home where the only pay is happiness” (英語). (2012年10月14日). ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/british-volunteer-awards/9606760/The-home-where-the-only-pay-is-happiness.html 2018年5月23日閲覧。 
  40. ^ Robinson, James (2011). The Larry diaries : Downing Street – the first 100 days. London: Simon & Schuster. ISBN 0857207636 
  41. ^ “In pictures: David Cameron's cat – Larry, Chief Mouser of Downing Street”. The Daily Telegraph (London). (2012年11月3日). https://www.telegraph.co.uk/news/picturegalleries/uknews/9612986/In-pictures-David-Camerons-cat-Larry-Chief-Mouser-of-Downing-Street.html#?frame=2370652 2012年11月3日閲覧。 
  42. ^ Whittaker, Zack (2012年7月30日). “Google Street View pays visit to U.K. prime minister”. CNET. 2014年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]