ラリー・ヤング (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・ヤング
基本情報
出生 1940年10月7日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク
死没 1978年3月30日(満37歳没)
ジャンル モーダル・ジャズ
担当楽器 オルガン、ピアノ

ラリー・ヤングLarry Young)もしくはハリド・ヤシンKhalid Yasin, 1940年10月7日 ニューアーク1978年3月30日 ニューヨーク)はアメリカ合衆国ジャズキーボード奏者(オルガニストならびにピアニスト)。ソウル・ジャズ寄りのジミー・スミスとは対照的に、モーダル・ジャズの先駆者として知られるが、その実ソウル・ジャズも手懸けた。ジミ・ヘンドリックスとのジャム・セッションによってレコードを残したことから、ジャズ愛好家だけでなく、ロック愛好家にも名前が知られている。イスラム教改宗してハリド・ヤシン・アブドゥル・アジズKhalid Yasin Abdul Aziz)に改名した。

略歴[編集]

1950年代にさまざまなリズム・アンド・ブルースのバンドと共演した後、ジミー・フォレストルー・ドナルドソンケニー・ドーハムハンク・モブレイトミー・タレンタインとの共演でジャズの経験を積んだ。

1960年よりプレスティッジ・レーベルでリーダー・アルバムの録音を開始し、『テスティファイイング(Testifying)』や『ヤング・ブルース(Young Blues)』、『グルーヴィー・ストリート(Groove Street)』など多数のアルバムを作った。1964年ブルーノートに移籍した頃には、ジョン・コルトレーンの顕著な影響が見えるようになった。ヤングの最良の作品が作り出されたのもこの頃である。ギタリストのグラント・グリーンやドラマーのエルヴィン・ジョーンズとしばしばトリオを組んでおり、時にはその編成に多少の増員を行なった。このような手順を踏んだアルバムは、ほとんどがグリーンの名義で発表されたが、(サクソフォンにサム・リヴァースを迎えた)アルバム『イントゥ・サムシン(Into Somethin')』は、ヤングのブルーノートにおけるデビュー盤となった。1965年に録音されたアルバム『ユニティ(Unity)』は、ヤングの代表作であり、ジョー・ヘンダーソンや若き日のウディ・ショウを最前線に押し出している。

その後のブルーノートにおけるアルバム(『コントラスツ(Contrasts)』、『ラブ・アンド・ピース(Of Love and Peace)』、『ヘヴン・オン・アース(Heaven On Earth)』、『マザー・シップ(Mother Ship)』)は、1960年代アヴァンギャルド・ジャズの要素を取り入れたり、ヤングの地元ニューアーク出身のミュージシャンを起用したりするなどしている。その後は草創期のフュージョンを試みたひとりに名を連ねている。すなわち、『ライフタイム/エマジェンシー(Lifetime/Emergency!)』に起用されたトニー・ウィリアムズジョン・マクラフリンが、マイルス・デイヴィスの『ビッチェズ・ブリュー』にも参加したのである。『ライフタイム/エマジェンシー』におけるヤングの表現は、非常に打楽器的なアプローチや、シンセサイザーのような効果音とギターの頻繁な重用に明らかである。ジミ・ヘンドリックスとの共作による音源は、ヘンドリックスの死後にアルバム『メッセージ・フロム・ナイン・トゥ・ザ・ユニヴァース』として発表された。

肺炎を放置したため37歳で早世した。

演奏様式[編集]

ラリー・ヤングに特徴的な響きは、ハモンドオルガンストップに起因し、霊妙で幽玄な効果を生み出している。つまりこの音色こそ、主役にして背景なのである。

註記[編集]

  • Sterling, Guy. 'Larry Young's Tragic Genius', in 'Newark Star-Ledger,' March 30, 2003.

外部リンク[編集]