ラリー・チリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラリー・チリ(Rally Chile)は、チリビオビオ州で開催される世界ラリー選手権 (WRC) のイベント。2019年よりWRCの年間カレンダーに加入した。

概要[編集]

2000年にスタートしたチリの国内選手権「ラリー・モービル (RallyMobil)」を母体として、2016年よりWRC招致活動を行い、2018年にキャンディデートイベントを成功させ、32か国目のWRCホスト国に選ばれた[1][2][3]

WRCのスケジュールでは、ラリー・アルゼンチンの2週間後に南米2連戦として開催される。アルゼンチンのホストタウンからは1,400km程しか離れておらず[4]、直接チリへ移動することでチームの遠征費用を軽減している。競技車両も、基本的にアルゼンチンと同じクルマを使用する[5]

ホストタウンとなるのは、チリ中南部ビオビオ州の大都市コンセプシオンタルカワノにサービスパークが設置され、コンセプシオンの南側から東側にかけて、太平洋とビオビオ川に挟まれた一帯の林道で競技が行われる[3]

路面は比較的平坦なグラベルだが、バンクの付いたコーナーも多い[4]。森林地帯の中速ステージがメインになるが、太平洋のオーシャンビューが開ける絶景ステージもある[5]

2年目の2020年も開催が予定されていたが、国内情勢不安により、2020年4月に憲法一部改正を問う国民投票が行われるため、地元オーガナイザーが開催中止を決定した[6]

歴代勝者[編集]

優勝者 車輌
ドライバー コ・ドライバー
2019年 エストニアの旗 オット・タナク エストニアの旗 マルティン・ヤルベオヤ トヨタ・ヤリスWRC
2020年 中止

脚注[編集]

  1. ^ チリ、2019年のWRC開催に向けて一歩リードか。日本での開催は?”. motorsport.com (2018年4月24日). 2019年4月26日閲覧。
  2. ^ 2019年WRCカレンダー発表。チリが昇格、ラリージャパンは含まれず”. RALLYPLUS.NET (2018年10月13日). 2019年4月26日閲覧。
  3. ^ a b COPEC Rally Chile”. WRC.com (2019年). 2019年4月26日閲覧。
  4. ^ a b WRC 2019年 第6戦 チリ”. TOYOTA GAZOO Racing (2019年). 2019年4月26日閲覧。
  5. ^ a b 伝統のアルゼンチンと初開催のチリ、南米グラベルラリー2連戦にヤリスWRCが参戦”. RALLYPLUS.NET (2019年4月19日). 2019年4月26日閲覧。
  6. ^ WRC:国内情勢不安の第4戦チリは開催中止へ。2020年シーズンは全13戦での争いに”. autosport web (2019年12月2日). 2019年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]