ラリー・ウィリアムズ (投資家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラリー・ウィリアムズ(Larry Williams、1942年10月6日 - )はアメリカの有名な投資家投機家。ウィリアムズ%R(W%R)などの数多くの投資手法を発案した。1987年ロビンスカップで11376%(113.76倍)の驚異的リターンを出し優勝し世界にその名をとどろかせた、未だにこの記録は破られていない。数多くの投資手法を持っており、セミナーに参加した人だけに伝授する方法もある。タートルズラッセル・サンズとは親交がある。オレゴン大学卒業。

ロビンスカップ[編集]

1984年から始まったリアルタイム・リアルマネーコンテスト。ラリーは1987年にロビンスカップで優勝。1997年には彼の娘で、現在女優をしているミシェル・ウィリアムズが約10倍のリターンを出して優勝。ラリーの投資手法の永続性を証明した。

ただ、毎年の優勝者が高リターンを出しているわけではない(優勝者が利益率50パーセント程度だった年もある)。異常値(ラリーの値)を除いた平均値は約300%である。

All Time HighとBlack Monday[編集]

1987年の9月、ラリーのロビンスカップでの年初の口座1万ドルは204万2967ドル(利益率20,329パーセント)を記録した。仲買人は、ここで止めて前人未到の「最高記録」を守るべきだと主張した。トレードを休むのが投資家の矜持として出来ないのであれば、もしくは取引単位を1枚とか極端に少なくして「逃げ切り」を計るべきだとも。

しかし、それでもラリーは400枚以上の取引単位でトレードを続けた。自動取引にしてトレードを管理するスタッフを残し、ラリーがケニアでサファリを楽しんでいる最中にブラックマンデーが起きる。口座残高は半分になった。それでも、ラリーはそれからの3か月で残高113万76ドルにまで戻し、二位以下を圧倒するリターンて優勝した[1]

私は日計りで100万ドル以上稼いだ[編集]

ラリーは自著「相場で儲ける法」の中で彼がロビンズカップで用いた手法は、9割方「日計り」(デイトレード)であったと語っている。

ウィリアムズ%R[編集]

MACDRSIと同じくyahooなどの無料サイトでも使用できるほど知名度が高い指標。『=((過去n日間の最高値-当日の終値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値))*100』で算出する。

著書[編集]

  • ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法
  • ラリー・ウィリアムズの短期売買法―投資で生き残るための普遍の真理
  • ラリー・ウィリアムズの株式必勝法~正しい時期に正しい株を買う
  • ラリー・ウィリアムズの「インサイダー情報」で儲ける方法

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ チャック・フランク「ロビンズカップの魔術師たち」(2006年、パンローリング)252ページ

関連する項目[編集]