ラヨ・デ・ハリスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラヨ・デ・ハリスコメキシコの旗
プロフィール
リングネーム ミスター・ミステリオ
アギラ・ネグラ
ドクター・カーティス
トニー・カーティス
エル・ラヨ
ラヨ・デ・ハリスコ
本名 マキシモ・リナレス・モレノ
ニックネーム 稲妻仮面
身長 170cm
体重 89kg
誕生日 (1932-11-22) 1932年11月22日(84歳)
出身地 メキシコの旗メキシコ
トレーナー トニー・シュガー
デビュー 1950年
引退 1989年
テンプレートを表示

ラヨ・デ・ハリスコRayo de Jalisco1932年11月22日 - )は、メキシコシティ出身の覆面レスラー。「稲妻仮面」の異名を持つ。本名はマキシモ・リナレス・モレノ(Máximino "Max" Linares Moreno)。兄弟にはトニー・シュガーブラック・シュガー、息子はラヨ・デ・ハリスコ・ジュニア、孫はレイマン事イホ・デル・ラヨ・デ・ハリスコ・ジュニア。妻もレスラーだった。甥にはウルトラ・ラヨ、ミステル・ラヨ、ラヨ・スターがいる。

18歳の時にイダルゴ州トゥランシンゴに移り住む。ディアブロ・ベラスコジム出身。1950年2月にミスター・ミステリオの名でデビュー。その後アギラ・ネグラと改名、トレオンに住み、兄弟のトニー・シュガー等と共にトレーニングを積み、1954年8月にはドクトル・カーチス、1957年にはトニー・カーチス、その後エル・ラヨとリングネームを変え、1958年3月にはラヨ・デ・ハリスコで登場。ラヨ・デ・ハリスコとは日本語でハリスコ州の稲妻の意味がある。

1970年代後半頃から一時期廃業していた時期があるが1986年末あたりカムバックし息子とタッグも組んだ。

独特の空中殺法トペ・デ・レベルサ(背面プランチャ)を開発し売りにしていた。

得意技[編集]

  • トペ・デ・レベルサ(背面プランチャ)

獲得タイトル[編集]

  • NWA世界ミドル級王座: 3回
  • 連邦区ミドル級王座
  • メキシコナショナルタッグ王座 : 2回(パートナー:エル・サント