ラムバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラムバス・インコーポレイテッド
企業形態 公開企業 NASDAQ: RMBS
事業分野 電気機器
設立 1990年
本部 カリフォルニア州サニーベール
代表者等 ブルース・ダンレヴィー (会長)
ハロルド・E・ヒューズ・ジュニア (CEO)
製品 RDRAMXDR DRAM
-195.92百万ドル (2008)
ウェブサイト rambus.com
テンプレートを表示

ラムバス・インコーポレイテッド(Rambus Incorporated NASDAQ: RMBS)は、アメリカのメモリモジュール技術企業。自身では製造等をおこなわず、もっぱら他者へのライセンシングを収入源とする、いわゆる「IP企業」である[1]1990年創業で、1997年NASDAQに上場した。

同社の名前を冠するRDRAM(Rambus DRAM)の開発設計元である。RDRAMは、PCでこそ採用は広まらなかったが、NINTENDO64PlayStation 2PlayStation 3などが成功例として知られている。

他社との関係[編集]

知的財産を基盤としている性格上、しばしば他社への訴訟を起こし、ニュースにもなっている。

JEDECは1996年に脱退、2014年に再加盟している。

NVIDIAとの争い[編集]

Rambus社は2008年11月、GPUに関連する特許9件がNVIDIAに侵害されたと国際貿易委員会に提訴した。NVIDIA側は異議を唱え、特許商標局が再審査を行うこととなった。2009年7月14日、特許商標局がNVIDIA側の主張を認めたため、提訴は棄却された。

[編集]

  1. ^ 技術すら持たず権利だけを持つ、いわゆる「パテント・トロール」等とは異なる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]