ラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 ラムズ
RAMS Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
160-0004
東京都新宿区四谷4-28-4
YKBエンサインビル1F
設立 1992年平成4年)8月
業種 情報・通信業
事業内容 テレビ・ラジオ番組企画製作
映像・音響製作
タレントプロデュース・マネージメント・育成
イベント企画・製作・運営
資本金 11,820万円(2011年3月7日現在[1]
従業員数 28名(2012年6月時点)
関係する人物 鹿志村聡(元代表取締役)
外部リンク http://www.rams.jp/
特記事項:2013年6月7日より、破産手続き開始
テンプレートを表示

株式会社ラムズ(RAMS Inc.[2])は、かつて存在した日本の番組制作会社、芸能事務所2013年6月に自己破産

概要[編集]

代表取締役鹿志村聡。関連施設にラジオ収録と編集スタジオの「Sound Studio Legion」があった。また、研修生のためのスタジオを「ラムズホール」と称してイベントスペースとして活用していた。

設立当初は各種番組の制作請負会社だったが、同社が番組制作を担当している『アニメぱらだいす!』でコーナー担当となった野川さくらを所属させてからは、声優プロダクションとしての方向性も強めていく。声優以外にも音楽ユニットのサイキックラバーが所属していた。その後、「声優はエンタテインメント」というキャッチコピーを掲げて2004年平成16年)に声優養成所の「RAMS Professional Education(略称:RPE)」を開校。

2000年代後半頃から所属声優の退所が増えていたが、かつて在籍していた宮崎羽衣は2013年4月1日のブログでの報告の中で、ラムズが2009年頃からマネージャーを起用しない意向を打ち出したことを明かしている[3]。その一方で2010年(平成22年)に日本声優事業社協議会に加盟、音楽レーベルFOXTROTを設立[4]

しかし2013年3月31日をもって残っていた所属声優が一斉に退所を発表し、事務所・関連施設も閉鎖、公式ウェブサイトもメンテナンス中の表示のみとなりそのまま消滅した。公式発表は全くなく、一部報道によれば事務所・関連施設の縮小移転のための移転費用が捻出できず倒産したとされた[5]。そのまま2013年6月7日に東京地方裁判所より破産手続き開始決定を受けている[6]

鹿志村聡は、活動停止直後の2013年4月に新たな声優プロダクションスペルバウンドを設立。所属タレントの一部も移籍している。

沿革[編集]

  • 1992年(平成4年)8月 - 設立。
  • 2004年(平成16年)4月 - 附属養成所「RAMS Professional Education」(RPE)を開設。
  • 2006年(平成18年)6月 - 劇団「RAMS ACTORS THEATER」(RAT)を設立。
  • 2010年(平成22年)3月 - アニメ系専門通販サイトANIMONを開設。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月31日 - 活動停止。
    • 6月7日 - 東京地裁より破産手続き開始。

かつて所属していた声優・アーティスト[編集]

男性[編集]

女性[編集]

制作番組[編集]

ラジオ番組[編集]

自前のインターネットラジオ配信サイトアニスタ.TVを有していたが、2009年4月で閉鎖、一部の番組がHiBiKi Radio Stationに移行したものの、2010年までに全て放送を終了している。

テレビ番組[編集]

制作終了[編集]

放送終了[編集]

この他、アニメと連動した番組、声優やスタッフが出演するアニメDVDの特典映像、自社制作で所属声優などが出演の実写ドラマ「DSE」シリーズ、オリジナル声優DVD「FSE」シリーズ、なども制作していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “スカイプでキミのアイドルとお喋りしよう!日本初!!ヴォイスコミュニケーションサービス「萌えトーク」3月7日サービススタート!” (プレスリリース), ラムズ, (2011年3月7日), http://www.zaikei.co.jp/releases/4887/ 2011年7月27日閲覧。 
  2. ^ サイキックラバー×エキサイトアニメ”. エキサイト. 2011年5月20日閲覧。
  3. ^ 宮崎羽衣 (2013年3月31日). “皆様にご報告があります”. 宮崎羽衣公式サイト. ラムズ. 2013年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月4日閲覧。
  4. ^ a b 組織概要”. ラムズ. 2011年2月28日閲覧。
  5. ^ 野川さくら、宮崎羽衣らが一斉退所 “消えた”声優プロダクション・ラムズの謎を追う!日刊サイゾー 2013年4月20日
  6. ^ 声優養成のラムズが破産手続き開始 - ITmedia、2013年6月19日、2014年1月17日閲覧。
  7. ^ a b F:Cafe” (日本語). ラムズ. 2011年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]