ラヘマー国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラヘマー国立公園 (Lahemaa rahvuspark)
国立公園
EE-Lahemaa-Bagno Viru.jpg
Viru Bog (エストニア語: Viru raba)
エストニア
面積 725 km² (280 sq mi)
制定 1971年
IUCN
カテゴリ
II - 国立公園
Lahemaa location map.svg
ウェブサイト: http://www.lahemaa.ee/

ラヘマー国立公園(ラヘマーこくりつこうえん、エストニア語: Lahemaa rahvuspark)は、エストニアの北部にある国立公園である。1971年に国立公園として制定された。ソビエト連邦の初の国立公園である。首都タリンから70キロメートル東に位置する。海岸、森林、河川、湿原など豊かな自然に恵まれ、ナベコウ(黒コウノトリ)やヨーロッパミンクをはじめとする希少な野生動物が生息する[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年4月14日閲覧。
  2. ^ 『地球の歩き方 2017〜18 バルトの国々』 ダイヤモンド・ビッグ社、2017年、78頁。ISBN 978-4-478-06042-1

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]