ラブリー牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラブリー牧場
種類 牧場
本社所在地 〒911-0824 
福井県勝山市平泉寺町小矢谷28-6
設立 1985年10月
業種 酪農・畜産
代表者 松本忠司
外部リンク http://lovelyfarm.lovepop.jp/
テンプレートを表示

ラブリー牧場(ラブリーぼくじょう)は、福井県勝山市の奥越前高原にある日本牧場。日本国内では珍しいジャージー種の牛の山地放牧や鶏の飼育、野菜やコメの有機栽培を手がけ、低温殺菌牛乳やソフトクリーム、チーズケーキ等の乳製品の生産から加工、販売まで一貫しておこなっている。

概要[編集]

約40頭の牛を管理する牛舎や放牧地のほか、100羽以上の鶏を管理する鶏舎、乳製品を加工する工房がある[1]。牧場外にも福井県内に乳製品の販売ショップを有する。また、有機農業での畑作、水田での作物栽培にも取り組んでいる。中央酪農会議より酪農教育ファーム認証[2]を受け、外部からの見学や酪農体験[3]を実施している。

沿革[編集]

  • 1985年10月 - 松本忠司[4]により離農跡地にラブリー牧場を開設[5]
  • 1987年8月 - 平泉寺白山亭にて、低温殺菌ジャージー牛乳の販売を開始。
  • 1990年4月 - 平泉寺にて、ソフトクリームの店「まきば館」を開店。
  • 1995年8月 - 勝山城博物館に「みるく茶屋」を開店。
  • 1997年7月 - 第46回全国農業経営コンクール(毎日新聞社主催)で農林水産大臣賞(名誉賞)を受賞
  • 2000年11月 - 地域交流牧場全国連絡会に加盟[6]。牛乳パンの製造工房「まきばの里」を開店。
  • 2002年2月 - 中央酪農会議より酪農教育ファームの認証を受け、牧場体験会を開始。
  • 2021年4月 - 新規開設された「道の駅 越前おおの荒島の郷」(大野市[7]に「みるくの郷」を開店。

施設[編集]

  • ラブリー牧場

 ・牛、鶏、ポニーなどの家畜の飼育

 ・畑作、水田の無農薬栽培

 ・酪農研修生の受け入れ

 ・牧場見学、体験


  住所:福井県勝山市平泉寺町小屋谷28-6

  TEL:0779-87-0047

  URL:http://lovelyfarm.lovepop.jp/


  • まきばの里

 ・ミルク茶屋で販売するお菓子の製造所。


  住所:福井県勝山市旭町2-109

  TEL:0779-87-6187


 ・ラブリー牧場直営の販売ショップ。本店。

 ・ジャージー牛を使ったソフトクリームや低音殺菌牛乳、シュークリームなどの販売。


  住所:福井県勝山市平泉寺町82-26-1

    勝山城博物館駐車場内(無料パーキング)

  TEL:0779-88-5691

  営業時間:(夏季)9:00〜18:00

      (冬期)9:00〜17:30 定休日:水曜日


  • みるくの郷

 ・ラブリー牧場直営の販売ショップ


  住所:福井県大野市蕨生137-21-1

  道の駅 荒島の郷内

  TEL:090-7749-8328

  営業時間:9:00〜18:00

脚注[編集]

  1. ^ 「かつやま」のしごと・の・こと”. いんとろ. 2021年6月13日閲覧。
  2. ^ 酪農教育ファーム「ラブリー牧場」”. 一般社団法人中央酪農会議. 2021年6月13日閲覧。
  3. ^ 第338回 LOVEがいっぱい!ラブリの1日牧場体験”. 福井テレビ. 2021年6月15日閲覧。
  4. ^ 牧場主プロフィール”. ラブリー牧場. 2021年6月13日閲覧。
  5. ^ 会員企業のご紹介”. 勝山商工会議所. 2021年6月13日閲覧。
  6. ^ 地域交流牧場全国連絡会_北陸ブロック会員”. 地域交流牧場全国連絡会. 2021年6月13日閲覧。
  7. ^ 道の駅「越前おおの荒島の郷」_屋内施設マップ”. 道の駅「越前おおの 荒島の郷」. 2021年6月13日閲覧。
  8. ^ ラブリー牧場 みるく茶屋”. 勝山市役所. 2021年6月13日閲覧。
  9. ^ グルメマップ一覧_みるく茶屋”. 勝山商工会議所. 2021年6月13日閲覧。
  10. ^ 勝山観光ナビ 勝山スポット”. 勝山市観光まちづくり株式会社. 2021年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]