ラフィアヤシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラフィア属
Raphia farinifera.jpg
Raphia farinifera (中央)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
階級なし : ツユクサ類 Commelinids
: ヤシ目 Arecales
: ヤシ科 Arecaceae
: ラフィア属 Raphia
学名
Raphia
和名
ラフィアヤシ(ラフィア椰子)
英名
raffia palm

ラフィアヤシとはヤシ科ラフィア属Raphia)の植物全体を指しての呼称である。

特徴[編集]

熱帯アフリカマダガスカル島に自生し、高さ15–20mまで生長する。は非常に大きく成長する羽状複葉で、繊維質である。肉穂花序であり、果実楕円体である。

用途[編集]

コンゴ民主共和国におけるロープ作り

葉の繊維(ラフィア)は折れやすい麦わらと異なり適度の油分を含むため細工しやすく敷物ロープ、園芸用の紐帽子といった実用品の材料として使われる。またギニアバガ族英語版(Baga)やリベリアバッサ族英語版(Bassa)[1]コートジボワールバウレ族(Baule)といった西アフリカ諸民族の間では仮面舞踏の衣裳の材料として用いられている。コンゴ民主共和国の集団であるクバ(Kuba)はラフィアを用いた、王やその臣下の位を表す衣装体系と関連した染織技術で知られている[2]

また、種類によっては果実や若葉が食用とされる場合もある。

分類[編集]

和名は米倉・梶田 (2003-) による。

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小川 (1999:132–133).
  2. ^ 渡辺 (2000).
  3. ^ 川田 (1987)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]