ラファエル・ベルヘス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファエル・ベルヘス Football pictogram.svg
名前
本名 Rafael Berges Martín
ラファエル・ベルヘス・マルティン
ラテン文字 Rafael BERGES
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1971年1月21日(43歳)
出身地 アンダルシア州, コルドバ
身長 182cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1991
1991-1993
1993-2001
2001-2002
コルドバ
テネリフェ
セルタ
コルドバ
? (?)
40 (0)
159 (7)
3 (0)
代表歴
1991
1991-1992
U-21スペイン
U-23スペイン
1 (0)
8 (2)
監督歴
2005-2006
2006
2007
2008
2008
2010-2011
2012
2012-
コルドバB
ルセーナ
アルメリアB
セネカ(ユース)
リナレス
ポソブランコ
コルドバB
コルドバ
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ラファエル・ベルヘス(Rafael Berges、1971年1月21日 - )は、スペインコルドバ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。選手時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。

経歴[編集]

選手時代[編集]

下部リーグに所属していた地元のコルドバCFからデビューし、1991年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のCDテネリフェに移籍して2シーズンプレーした。1992年、U-23スペイン代表のレギュラーとしてバルセロナオリンピックに出場。グループリーグのコロンビア戦(4-0)と準決勝のガーナ戦(2-0)で計2得点し、サンティアゴ・カニサレスジョゼップ・グアルディオラルイス・エンリケなどとともに金メダル獲得に貢献した。1993年にセルタ・デ・ビーゴに移籍し、公式戦200試合近くに出場してリーグ戦では7得点を挙げた。1999-2000シーズンと2000-01シーズンは度重なる負傷で1試合も出場できなかった[1]。2001-02シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)の古巣コルドバに在籍したが、やはり負傷を繰り返した。2001-02シーズン終了後、31歳で現役引退した。

指導者時代[編集]

2005年に指導者の道に入り、コルドバBの監督に就任した。その後もUDアルメリアBなど下部リーグのクラブで監督を務めた[2]。2012年6月14日、ラージョ・バジェカーノ監督に就任したパコ・ヘメスに代わり、ベルヘスがコルドバのトップチームの監督に就任した[3]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • セルタ・デ・ビーゴ
UEFAインタートトカップ 優勝 : 2000

代表[編集]

  • U-23スペイン代表
夏季オリンピック 金メダル : 1992

脚注[編集]

  1. ^ Los ciclos y el destino El Día de Córdoba、2012年6月14日 (スペイン語)
  2. ^ Rafa Berges, oro en Barcelona'92, busca equipo como entrenador Soitu、2008年3月24日 (スペイン語)
  3. ^ Rafa Berges toma el mando Diario de Córdoba、2012年6月14日 (スペイン語)

外部リンク[編集]