ラファエル・デ・ソブレモンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第3代ソブレモンテ侯ラファエル・デ・ソブレモンテ・イ・ヌーニェス・デル・カスティーリョ
Rafael de Sobremonte y Núñez del Castillo, Mrqués de Sobremonte
Rafael de Sobremonte.jpg
生年月日 1754年11月27日
出生地 Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国セビリア
没年月日 1827年
死没地 スペインの旗 スペイン王国カディス

在任期間 1804年4月24日 - 1807年2月10日
テンプレートを表示

ラファエル・デ・ソブレモンテ・イ・ヌーニェス・デル・カスティーリョ (第3代ソブレモンテ侯)(Rafael de Sobremonte y Núñez del Castillo, III Mrqués de Sobremonte, 1754年11月27日 - 1827年)は、スペイン政治家リオ・デ・ラ・プラタ副王領の第9代副王である。

経歴[編集]

1754年スペインセビリアの名門貴族の家に生まれた。1784年にスペイン本国よりコルドバに派遣され、コルドバの総督に就任した。司法制度の改善や公立学校の設立、鉱山の労働条件の改善などの諸政策を行った。1797年に軍の監察官に選出され、ポルトガルイギリスの攻撃に対抗できるように、モンテビデオコロニア・デル・サクラメントの防備を強化した。1804年4月に国王カルロス4世によりリオ・デ・ラ・プラタ副王領の副王に任命された。1806年のイギリス軍のブエノスアイレス侵攻の際、コルドバへ逃亡したため人々の信用を失った。1807年2月に副王を退任し、1809年にスペイン本国に戻った。1827年、スペインのカディスで亡くなった。

先代:
ホアキン・デル・ピノ・イ・ロサス
リオ・デ・ラ・プラタ副王
1804年 - 1807年
次代:
サンティアゴ・デ・リニエルス