ラファエル・シェーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラファエル・シェーファー Football pictogram.svg
Raphael Schäfer FCN 2013.jpg
2013年のシェーファー
名前
ラテン文字 Raphael Schäfer
ポーランド語 Rafał Szafarczyk[1]
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1979-01-30) 1979年1月30日(38歳)
出身地 ポーランドの旗 ポーランド ケンジェジン=コジレ英語版
身長 190cm
体重 91kg
選手情報
ポジション GK
ユース
1987-1991 ドイツの旗 SCドリスペンシュテット
1991-1998 ドイツの旗 ハノーファー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1998 ドイツの旗 ハノーファー 1 (0)
1998-2001 ドイツの旗 リューベック 76 (0)
2001-2007 ドイツの旗 ニュルンベルク 130 (0)
2007-2008 ドイツの旗 シュトゥットガルト 23 (0)
2008-2017 ドイツの旗 ニュルンベルク 218 (0)
代表歴
1995 ドイツの旗 ドイツ U-15 4 (0)
1996 ドイツの旗 ドイツ U-16 4 (0)
1996-1999 ドイツの旗 ドイツ U-18 10 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラファエル・シェーファー(Raphael Schäfer, 1979年1月30日 - )は、ポーランド出身のドイツ人元サッカー選手。現役時代のポジションはGK

経歴[編集]

ハノーファー96でプロデビューし、1998年に当時3部所属のVfBリューベックに移籍。移籍後すぐにレギュラーに定着した。

2001年7月1日1.FCニュルンベルクに移籍。ニュルンベルクは1部に昇格したシーズンで、元U-21ドイツ代表のダリウス・カンパの控えGKとして獲得された。2002年3月にデビューを果たすも、数年はレギュラーを奪うまでには至らなかった。

2003004シーズンの開幕前にニュルンベルクは財政難から数人の選手放出を余儀なくされ、その候補に正GKのカンパも含まれていたことで当時のヴォルフガング・ヴォルフ監督より正GKとして指名された。結果的にカンパの移籍は実現しなかったものの、移籍騒動の最中にレギュラーを奪いその後も起用され続けることとなった。

2007年7月1日VfBシュトゥットガルトに移籍。8月10日FCシャルケ04戦でデビューするも低調なパフォーマンスに終始。退団したティモ・ヒルデブラントの穴を埋めきれず、前年優勝チームに大きな失望を残した。

2008年夏にイェンス・レーマンが加入したことで最早シュトゥットガルトでは必要な戦力とはみなされなくなり、7月1日に僅か1年でニュルンベルクに復帰。復帰後は即座に定位置を掴むと、その後も負傷や出場停止以外ではほとんどの試合に出場している。

2017年3月15日に2016-17シーズン終了を持って現役引退すると発表した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Wir lassen uns Bernd Schneider nicht von den Polen wegnehmen”. welt.de (2007年4月26日). 2012年12月4日閲覧。
  2. ^ Raphael Schäfer: Rückkehr auf Zeit1.FCニュルンベルク 2017年3月15日

外部リンク[編集]