ラパテア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラパテア科
Stegolepis guianensis.jpg
Stegolepis guianensis
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: イネ目 Poales
: ラパテア科 Rapateaceae[1]
学名
Rapateaceae Dumort.
タイプ属
Rapatea Aubl.[2]

ラパテア科(Rapateaceae)は被子植物の科である。南アメリカと西アフリカの熱帯地帯に分布し、約100種がこの科に分類されている。

1981年に発表されたクロンキスト体系では、単子葉植物綱ツユクサ亜綱ツユクサ目に分類されていた。

分類[編集]

西アフリカ産のMaschalocephalus dinklagei を除く全種は南アメリカに自生し、多くの属はギアナ楯状地の固有属である。種数はGivnish, Thomas J., et al.(2000)[3]による。

Givnish, Thomas J., et al. (2004)は3亜科に分ける分類を提唱している[4]

脚注[編集]

  1. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2009). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III” (PDF). Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 105–121. doi:10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x. http://www3.interscience.wiley.com/journal/122630309/abstract 2013年6月26日閲覧。. 
  2. ^ Rapateaceae Dumort. Tropicos
  3. ^ Givnish, Thomas J., et al. (2000). “Molecular evolution, adaptive radiation, and geographic diversification in the amphiatlantic family Rapateaceae: evidence from ndh F sequences and morphology”. Evolution 54 (6): 1915-1937. doi:10.1554/0014-3820(2000)054[1915:MEARAG]2.0.CO;2. 
  4. ^ Givnish, Thomas J., et al. (2004). “Ancient vicariance or recent long‐distance dispersal? inferences about phylogeny and South American–African disjunctions in Rapateaceae and Bromeliaceae based on ndhF sequence data”. International Journal of Plant Sciences 165: S35-S54. doi:10.1086/421067. 

外部リンク[編集]