ラハチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラハチョウ
Рагачоў
座標 : 北緯53度06分00秒 東経30度03分00秒 / 北緯53.10000度 東経30.05000度 / 53.10000; 30.05000
歴史
史料初出 1142年
行政
 ベラルーシ
  ホメリ州の旗 ホメリ州
 区 ラハチョウ地区
 市 ラハチョウ
人口
人口 (2016年現在)
  市域 34937[1]
その他
等時帯 FET (UTC+3)
郵便番号 247250
市外局番 +375 2339
位置図
ラハチョウの位置(ベラルーシ内)
ラハチョウ
ラハチョウ (ベラルーシ)

ラハチョウベラルーシ語: Рагачоў)はベラルーシホメリ州の市である。

ラハチョウ地区(ru)行政中心地であり、市の人口は2013年の時点で34476人。市はドニエプル川ドルツィ川が合流する地点にある。

歴史[編集]

中世[編集]

年代記上の最初の言及は『イパーチー年代記』の1142年の項であり、キエフ大公フセヴォロドによって、キエフ公国領に組み込まれたことが記されている[2]。その後チェルニゴフ公国領、トゥーロフ公国領、ピンスク公国領へと所属は変遷し、13世紀末にはリトアニア大公国領となった。

出典[編集]

  1. ^ Численность населения на 1 января 2016 г. и среднегодовая численность населения за 2015 год по Республике Беларусь в разрезе областей, районов, городов и поселков городского типа
  2. ^ с. 566, «Руський літопис (за Іпатським списком переклав Леонід Махновець)», серія «Давньоруські та давні українські літописи», вид. «Дніпро», м. Київ, 1989 р