ラドヴィレ・モルクーナイテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラドヴィレ・モルクーナイテ=ミクレニエネRadvilė Morkūnaitė-Mikulėnienė1984年1月2日 - )は、リトアニア音楽家政治家2009年からは欧州議会議員を務める。

経歴[編集]

学歴[編集]

1984年リトアニア第二の都市カウナスで民俗誌学者の家庭に生まれる。父はエリギユス・モルクーナス (Eligijus Morkūnas) 博士。地方議会の議員も務めた。母はテオドラ・モルクーニエネ (Teodora Morkūnienė) 。

2002年、カウナス・J・ナウヤリス音楽高等学校を卒業し、2006年、リトアニア音楽演劇アカデミーを卒業、学位を取得。2008年、ヴィリニュス芸術アカデミー修士課程を修了した[1]

職歴[編集]

2001年、祖国同盟の党員となった。

2005年から2006年、国会議員のアウドロニウス・アジュバリスの顧問を務め、2006年から2007年には同じく国会議員のエドムンダス・プピニスの顧問秘書を務めた。2007年から2008年、ヴィリヤ・アレクナイテ=アブラミキエネ国会議員の顧問秘書を務め、2008年からはヴィーガウダス・ウシャツカス外相の顧問を務めた。

2009年6月7日、欧州議会議員選挙にて祖国同盟=リトアニアキリスト教民主党が4議席を獲得し、党内で4位だったモルクーナイテは欧州議会議員に選出された[2]

2014年5月25日、欧州議会議員選挙にて祖国同盟=リトアニアキリスト教民主党が2議席を獲得し、党内で4位だったモルクーナイテは落選した[3]

2015年3月1日、ジルムーナイ選挙区で行われた国会議員補欠選挙に立候補[4]。決選投票で自由運動所属のシャルーナス・グスタイニス候補に敗れ、落選。

人物[編集]

リトアニア語のほか、英語ロシア語イタリア語ドイツ語に堪能。夫はミンダウガス・ミクレナス(Mindaugas Mikulėnas)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]