ラテン語の成句の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラテン語の成句の一覧(ラテンごのせいくのいちらん、英語: List of Latin phrases

この記事は、Veni, vidi, vici(来た、見た、勝った)Et cetera(その他)といった、ありふれたラテン語の成句をまとめた一覧である。

古代ローマ修辞学文学が成熟していく過程で、古代ギリシャ修辞学文学が古代ローマで大いに尊重されていたがゆえに、一部の成句は、それ自身がギリシャ語の成句の翻訳になっている。

ラテン文字の「i」は母音としても子音としても使われる場合がある。中世ラテン語において、「i」が子音として使われた場合、単純に正書法の「長いi」を起源とする文字「j」が頭文字で使われ、その他の2つの母音の間で生じた場合は、「j」に置き換えられた。この慣例は、ほとんどの場合、法学のラテン語成句で保存されていて、「de iure」といった成句は通常「de jure」と綴られる。

この記事において、中世ラテン語で子音「i」が「j」に置き換えられた成句は「i」から始まっているものとして列挙されている。

単一の長い記事を表示するならば、以下のページを参照。

完全版の他に、以下の通り、アルファベット順に20の記事に分かれている。

関連項目[編集]

一覧記事[編集]


外部リンク[編集]