ラティーナ・カルチョ1932

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラティーナ・カルチョ1932
原語表記 Latina Calcio 1932 S.r.l.
愛称 Leoni alati(有翼獅子)
Nerazzurri(黒と青)
Pontiniポンツァ人)
クラブカラー 600px pentasection vertical Black HEX-0033DD.svg 黒と青
創設年 1945年
所属リーグ セリエC
所属ディビジョン 3部
ホームタウン ラティーナ
ホームスタジアム スタディオ・ドメニコ・フランチオーニイタリア語版
収容人数 5,926
代表者 イタリアの旗 アレッサンドロ・テッラッチオーノ
監督 イタリアの旗 ダニエレ・ディ・ドナート
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ラティーナ・カルチョ1932 (Latina Calcio 1932) はイタリアラツィオ州ラティーナを本拠地とするサッカークラブである。2021-22シーズンはセリエCに所属している。

歴史[編集]

1945年にヴィルトゥス・ラティーナ (Virtus Latina) として創立し[1]、数年後にはASラティーナ (Associazione Sportiva Latina) に改称。

長年に渡ってセリエC、セリエDレベルに在籍していたが、2007年に経営破綻によりチームが解散。その後、アマチュアからの出直しを図るが、チーム継承を主張する組織がヴィルトゥス・ラティーナ (Virtus Latina) 、FCラティーナ (Football Club Latina) という2チーム存在するという事態に。2シーズン分裂状態が続き、2009年夏に新たにUSラティーナ・カルチョとして再スタートを切った[2]

2012-13シーズンはレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ・ジローネBで3位、プレイオフを経てクラブ史上初のセリエB昇格を果たした。

2016-17シーズンはセリエBで低迷し、第41節時点で最下位。その節でペルージャ・カルチョと2-2で引き分け、19位との勝ち点差が12になったためレガ・プロへの降格が決定した。その後、財政悪化のためクラブは破産。クラブはオークションにかけられたが不成立、3部への登録は認められなかった[3]

クラブはSSDラティーナ・カルチョ1932 (Società Sportiva Dilettantistica a r.l. Latina Calcio 1932)として再出発し、4部に登録された[4]

2021年にクラブ名をラティーナ・カルチョ1932 (Latina Calcio 1932)へ変更した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン コッパ・イタリア
リーグ 勝ち点 順位
2010-11 レガプロ・セコンダ ・ジローネC 30 19 10 1 45 16 67 1位
2011-12 レガプロ・プリマ ・ジローネB 34 8 11 15 37 45 35 16位 1回戦敗退
2012-13 レガプロ・プリマ ・ジローネB 30 15 9 6 41 28 54→53 3位
2013-14 セリエB 42 18 14 10 44 36 68 3位 2回戦敗退
2014-15 セリエB 42 11 17 14 38 41 50 13位 3回戦敗退
2015-16 セリエB 42 10 16 16 44 51 46 16位 2回戦敗退
2016-17 セリエB 42 6 21 15 38 50 39→35[5] 21位[6] 3回戦敗退
2017-18 セリエD・ジローネG 34 17 10 7 55 42 61 5位
2018-19 セリエD・ジローネG 38 15 11 12 54 40 56 7位
2019-20 セリエD・ジローネG 26[7] 10 9 7 40 30 39 6位
2020-21 セリエD・ジローネG 34 19 8 7 60 29 65 2位
2021-22 セリエC・ジローネC 36 12 9 15 37 42 45 12位
2022-23 セリエC・ジローネC

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SOCIETA’”. 2021年12月2日閲覧。
  2. ^ “Nasce l'US Latina Calcio”. (2009年6月26日). オリジナルの2016年8月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160827031917/http://www.latinanotizie.it/articolo.php?id=6779 2021年12月2日閲覧。 
  3. ^ “Latina, nessuna offerta per l'asta di domani. Ora si spera nella D”. (2017年5月24日). https://www.tuttomercatoweb.com/serie-b/latina-nessuna-offerta-per-l-asta-di-domani-ora-si-spera-nella-d-974929 2021年12月2日閲覧。 
  4. ^ “Latina Oggi - Latina 1932, l'iscrizione è realtà. I nerazzurri saranno ai nastri di partenza”. (2017年8月4日). https://www.tuttolatina.com/la-rassegna-stampa/latina-oggi-latina-1932-l-iscrizione-e-realta-i-nerazzurri-saranno-ai-nastri-di-partenza-12570 2021年12月2日閲覧。 
  5. ^ ペナルティにより勝ち点マイナス
  6. ^ 破産により4部へ降格
  7. ^ 新型コロナの影響でリーグが途中で打ち切られた

外部リンク[編集]