ラットランド伯エドムンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『クリフォード卿によるラトランドの殺害』(チャールズ・ロバート・レスリー英語版画、1815年)

ラットランド(ラトランド)伯エドムンドエドマンド・プランタジネットEdmund Plantagenet, Earl of Rutland, 1443年5月17日 - 1460年12月31日)は、イングランドの王族であり、ヨーク公リチャードセシリー・ネヴィルの(早世しなかった中では)2番目の息子である。

エドムンドはルーアンで生まれた。後の国王エドワード4世の弟であり、ブルゴーニュ侯爵夫人マーガレットクラレンス公ジョージ、国王リチャード3世の兄であった。

エドムンドはラットランド伯を名乗った。薔薇戦争中のウェイクフィールドの戦い(1460年12月30日)に敗れ、敵であるランカスター派クリフォード卿の命令(一説にはクリフォード卿自身の手にかかって)によって17歳の若さで処刑された。エドムンドの首は、父リチャード、母方の伯父ソールズベリー伯と共に、ヨークの街の城門にさらされた。

シェイクスピアの戯曲「ヘンリー六世 第3部」の中では、ラットランド伯は史実とは異なり、一番下の弟と言う事になっており、「命乞いの後にクリフォード卿に惨殺される少年」という脚色された形で描かれている。