ラッセル・ロバーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラッセル・ロバーツRussell Roberts, 1953年 - )は、ジョージ・メイソン大学経済学教授で、ワシントン大学の体験学習センター元所長。NPRの番組、Morning Editionでビジネスと経済学のレギュラーコメンテーターを務めていて、ニューヨーク・タイムズウォールストリート・ジャーナルにも寄稿している。経済学者でない人に経済学を伝えることに力を入れており、そのために、賞を獲得したPodcastのEconTalkの司会を務めていて、ドナルド・J・ブードローとともにCafe Hayekというブログも運営している。経済学の考えを物語形式で伝える小説「インビジブル・ハート」を出版した。2008年には、自発的秩序、価格のつり上げ、危機的状況での市場経済のような概念を扱う別の小説「The Price of Everything」(未邦訳)を出した。

彼の最新のプロジェクトはケインジアンオーストリアンのビジネスサイクルへのアプローチの比較のラップ版である。[1]

著書[編集]

  • 『寓話で学ぶ経済学―自由貿易はなぜ必要か』(日本経済新聞社, 1999年)
  • 『インビジブル・ハート』(日本評論社, 2003年)
  • The Price of Everything (2008年, 未邦訳)

脚注[編集]

外部リンク[編集]