ラッセル・ベイカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラッセル・ベイカー(Russell Baker, 本名:Russell Wayne Baker, 1925年8月14日 - )は、アメリカ合衆国の作家、コラムニスト。

1983年にピューリッツァー賞 伝記部門を受賞した自伝「Growing Up」(1982)で知られる。 彼は1962年から1998年までニューヨーク・タイムズ紙のコラムニストであった。

邦訳された作品[編集]

  • 『怒る楽しみ -ベスト・コラム46』 新庄哲夫訳 河出書房新社 1988/6 のち文庫
  • 『グローイング・アップ』 Growing Up 麻野二人 中央公論社 1986/4 のち文庫
  • 『グッド・タイムズ』 The Good Times 土屋政雄訳 中央公論社 1992/9
  • 『マンハッタンでラクダを飼う方法』 The Rescue of Miss Yaskell and Other Pipe Dreams 越智道雄訳 :東京書籍/アメリカ・コラムニスト全集 1992/5

脚注[編集]

[ヘルプ]