ラッシュ (薬物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラッシュRUSH)とは、アメリカ合衆国のパック・ウェスト・ディストリビューティング社 (Pac West Distributing) が販売する薬品。亜硝酸エステルを主成分とする薬物である。2005年時点で成分が異なる9製品が販売されている。亜硝酸エステルは工業用途のほか、青酸化合物中毒の治療、以前は狭心症治療の医療用途に使われていた。

ラッシュの容器

ラッシュに含まれる亜硝酸エステルは沸点が低く常温に置くと気化するので、この蒸気を経鼻吸引し使用する。経口摂取はしてはならない。

効果は血圧降下や拍動強化のほか、吸引後、数秒から数十秒間特有のわずかな酩酊感覚を生じる。バイアグラ等の同様の効能を持つ薬物との併用は、急激な血圧降下をもたらすため禁忌とされているが定かではない。

使用方法が似ているためシンナーと混同されることがあるが全くの別物質である。よって、シンナーのような中枢神経抑制作用は持たない。 かつて脱法ハーブと呼ばれていたものや脱法リキッドと呼ばれていた危険ドラッグとは精神系作用が全くないため全くの別種である。

ラッシュは亜硝酸エステルを含有するドラッグの代表格とされる。これらのドラッグは「ニトライト系」もしくは「亜硝酸エステル類」と呼ばれ、ラッシュにはニトライト系のいくつかの競合商品がある。また、ラッシュのコピー商品や偽物が市場に流通しており、パック・ウェスト・ディストリビューティング社はこれらに注意を促している。

合法性[編集]

市販が許可されている国とそうでない国がある。

日本[編集]

日本では市販は許可されていないが、違法に出回っている。2005年頃から薬事法(現:薬機法)に基づき指導・告発が行われている。厚生労働省はラッシュなどのニトライト系ドラッグを危険ドラッグと見なしており、亜硝酸イソブチルや亜硝酸イソアミルなどを含有した人体への摂取目的の揮発性液体の商品は一切許容しない方針である。また違法ドラッグの例として告発ポスターなどにも掲載されている。

2006年11月9日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会指定薬物部会において、指定薬物とすることが決定した。 このことにより、輸入および販売等が明確に違法化され、「脱法」ドラッグではなくなった。

また、2007年4月からは、指定薬物は関税法上の輸入してはならない貨物に指定され、同法109条により輸入の既遂罪、未遂罪は10年以下の懲役若しくは3000万以下の罰金、予備は5年以下の懲役若しくは3000万円以下の罰金に処せられることとなった。また、財務省発表(平成27年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況(平成28年2月19日))によると、2007年4月から12月までの間に、全国税関で指定薬物の密輸が1462件が摘発され、このうちの8割が亜硝酸イソブチルなどを含有する液体であったことが公表された。

2016年10月19日、この商品を二度に分けてアメリカから国際郵便で密輸しようとした、『北国新聞社(石川県金沢市)の嵯峨元(はじめ)元事業担当取締役が医薬品医療機器法違反と関税法違反の両容疑で逮捕され』た[1]

神奈川県藤沢市の小学校教員が亜硝酸イソブチルを含有する液体を輸入しようとしたほか自宅で所持してとして摘発されたことが発覚し、懲戒免職となっている(平成28年10月27日神奈川県発表)だけでなく、2016年7月には慶応大学付属病院に勤務する麻酔科医が亜硝酸イソブチルを含有する液体を輸入しようとしたとして有罪判決を受ける(平成28年7月20日日本テレビ報道ほか)など問題化している。

商品概説[編集]

9 mlのガラス製の茶色のボトルにニトライトを含む液体が入れられていて、黄色のビニールパッケージに赤字でRUSHと書かれているのが、商品の形状。

ラッシュはビデオクリーナーや液状アロマとしてパック・ウェスト・ディストリビューティング社から出荷されており、同社は誤用は推奨しないとしている。販売時も同様の名目で販売されているが、実際は人体への吸引摂取目的の商品として販売されており、使用者の多くも同様の目的で購入する。アダルトビデオ販売店やアダルトグッズショップ、インターネット通販などで販売されている。オーガズム時などに摂取するとされ、効果の真偽は検証されていないがこれにより快感が増大するとされており、セックスドラッグに分類されている。

亜硝酸(ニトライト)は麻酔効果や中枢神経作用のないため持続時間が十秒から数十秒と短い。他の同類のセックスドラックと同じで催淫剤としての効果があるのかは科学的実証がなされていない。その利用には注意が必要である。

出典[編集]

  1. ^ 新聞記者の事件簿2016、捏造から危険ドラッグに法的措置まで』ダイヤモンドオンライン 2016年12月17日(MSNニュース掲載)

外部リンク[編集]