ラッシュライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラッシュライフ』(a life)は伊坂幸太郎による日本小説で、2002年7月30日に新潮ミステリー倶楽部、2005年5月1日に新潮文庫で発行された。伊坂幸太郎が注目されるきっかけとなる作品である。

2009年6月13日に映画化された。

あらすじ[編集]

若い女性画家。泥棒を生業とする男。父親を自殺で失い神に憧れる青年。不倫相手との再婚を企むカウンセラー。職を失い途方に暮れる男。いくつものストーリーが絡み合い、物語は意外な展開を迎えてゆく。

主な登場人物[編集]

戸田
裕福な画商。拝金主義で絵画を株の一種のようにしか思っていない。
志奈子
新進の女性画家。戸田に引き抜かれ付き人として契約している。
黒澤
泥棒。仕事には独特の美学を持つ。『重力ピエロ』『フィッシュストーリー』にも登場。
高橋
新興宗教団体の教祖。未来のことが分かる。
河原崎
高橋の宗教団体の信者。父親を自殺で亡くした。
塚本
高橋の宗教団体の幹部。河原崎に「神の解体」を手伝わせる。
京子
カウンセラー。青山と不倫関係にある。
青山
サッカー選手。京子と不倫関係にある。
豊田
職を失い、家族にも見捨てられた中年男性。
佐々岡
元画商。戸田から独立しようとしたが画家を皆引き抜かれ仕事を失う。

また、名前は明示されていないが『オーデュボンの祈り』の伊藤と思われる人物が登場し、未来を予知する案山子について語っている。

映画[編集]

ラッシュライフ
監督 真利子哲也
遠山智子
野原位
西野真伊
脚本 黒田泰子
大川 慶
澤井香織
福岡恵里
製作 五十嵐真志
原 尭志
宮武令衣
渡邉麻子
出演者 堺雅人
寺島しのぶ
柄本佑
板尾創路
音楽 origami PRODUCTIONS
撮影 八尋宗一朗
青木 穣
後閑健太
松崎健夫
編集 徳田津奈子
平田竜馬
大川景子
木村恵子
配給 東京芸術大学
公開 日本の旗 2009年6月13日
上映時間 122分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東京芸術大学の映像研究科生たちが映像化。2009年6月13日公開。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]