ラックマウント型サーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラックマウント型サーバ

ラックマウント型サーバ(らっくまうんとがたさーば)は、インターネットデータセンター(iDC)等に設置されている電子機器収納専用ラックに設置するのに適した形状のサーバである。略してラックサーバと呼ばれることが多い。また大きさ(厚さ)を表現するときにU(ユニット)を使用するため、1Uサーバなどの呼び方もラックサーバを差していることが多い。宅配ピザの箱の形に似ていることから、ピザボックスサーバと呼ばれることもある。

規格[編集]

JISEIAによってサイズが規定されており、1Uサーバは高さ約45mm×幅約19インチ×奥行き約540mmとなっている(マウントラックはこれ故「19インチラック」の別名がある)。個人・家庭用のPCと比べて平たい形状であり、iDCに設置されているラックにより多く設置できる形に設計されている。2Uサーバは1Uサーバに比べ高さが2倍、3Uサーバは3倍のサーバである。このようにUが大きくなるにつれて高さのみ大きくなる。

また、1Uのスペースに2台設置できる1Uハーフサーバというものがある。これは奥行きが1Uサーバの半分であり、背中合わせに設置することで、1Uサーバのサイズで2台設置できる。また、2Uハーフサーバもあり、こちらも同様に奥行きのみ半分のサイズである。

ちなみに多機能・高性能なスイッチやルータも1Uで規格されている物が多い。また市販されているスイッチングハブでも、ポート数が多いものだとラック取り付け用金具が付属していることも多い。

ラック[編集]

19インチラックとは、上記のようにiDCに設置されている、ラックサーバを効率的に設置できる形状の収納ラックである。iDCのラックはコンピュータを設置することを目的に設計されているため、ラック内の冷却性・耐震性が高く、電源供給とネットワーク接続も完備されている。

しかし実際にはラック一杯にサーバを設置すると、電源のブレーカーが落ちたり熱がこもってサーバが破損してしまう可能性が高くなるため、40Uサイズのラックであっても1Uサーバを40台詰め込み稼働させることは推奨されない。

サーバの設置には、ラックに設置されてあるマウントアングルと呼ばれる4本の柱のような物と、サーバの付属品のマウントレールを使用してサーバを固定する。マウントアングルには縦に正方形の穴が並んでおり、その穴にナットとネジを使用してマウントレールをマウントアングルに対して垂直に固定する。マウントレールは左右2本設置し、その間にサーバを差し込み、両脇のラックマウントハンドルをボルトでアングルに留める事で、ラックからサーバを容易く抜き差しできるように設置することが出来る。

マウントアングルに開いている穴は1U当たり3個開いており、例えば40Uのラックであれば、ひとつのマウントアングルに120個の穴が開いていることになる。

特徴[編集]

1Uサーバーの「DELL PowerEdge SC 1435」の内部

個人・家庭向けのPCを見慣れたユーザーにとっては外観も特徴的であるが、他にも多くの特徴がある。

  • パーツ自体も小型だが高性能であり、さらに小径・高速回転のファンを多く搭載することが一般的であり騒音が凄まじい。
  • ケース開閉・パーツ交換が容易である
  • 電源ケーブル以外の接続ポートが前面に集中している(ハーフサーバの場合は電源も前面にある場合が多い)

その他メーカ、機種によっては

  • 前面にキーシリンダーのついたフタがある
  • ハードディスクはケースを開かなくても取り出せる
  • 電源抜け防止の金具がある
  • ケースファンが前面についている。

等の特徴がある。

関連項目[編集]

メーカー