ラジオNIKKEI長柄送信所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラジオNIKKEI長柄送信所(ラジオニッケイながらそうしんしょ)は、千葉県長生郡長柄町に置局する日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)の短波送信所。1969年2月27日開局。

概要[編集]

  • 置局住所:千葉県長生郡長柄町山之郷字六地蔵31番地(市津湖畔)
  • カバーエリア:日本全国(北/西2方向の指向性送信)
  • 山間の丘陵に位置するため、送信打上角を高く取らざるを得ず、首都圏の受信環境は、伝搬上不利になった。
  • JOZ4(第1放送、3.925MHz)は根室送信所からの同一周波数送信[1]

沿革[編集]

  • 1969年
  • 1971年
    • 9月18日・19日 - 札幌送信所(JOZ4 3925kc[3] 10kW)と同一周波数送信実験(JO2AJ 3925kc)
    • 10月15日 - JOZ2, JOZ3の夜間出力を 50kW に増力
    • 12月1日 - JOZ4との同一周波数送信開始(3925kc 50kW)
  • 1974年7月1日 - JOZ6の周波数変更(7.230MHz → 6.115MHz)
  • 1981年9月29日 - 送信機一部更新。JOZ6, JOZ7を50kWに増力
  • 1990年 - 1991年 - 送信機一部更新

送信施設概要[編集]

放送局 呼出符号 周波数 空中線電力 放送対象地域 放送区域内世帯数
第1放送
日経ラジオ社
通称「ラジオNIKKEI」
JOZ 3.925MHz 50kW 全国放送 約5,110万世帯
JOZ2 6.055MHz
JOZ3 9.595MHz
第2放送
日経ラジオ社
通称「ラジオNIKKEI」
JOZ5 3.945MHz 10kW 全国放送 約5,110万世帯
JOZ6 6.115MHz 50kW
JOZ7 9.760MHz
  • 送信機
    • 50kW短波送信機:HFB-7847(NEC、1979〜1981年製)×5基 - 2002年大規模改修済
    送信可能周波数範囲3.2〜15MHz、終段プレート変調、蒸発冷却四極管4CV50000E×4(プレート損失50000W、フィラメント電圧12V、フィラメント電流215A、使用可能周波数110MHz、重量14.3kg)、変調用強制空冷四極管4CX1500A×3(プレート損失1500W、フィラメント電圧5V、フィラメント電流38.5A、使用可能周波数150 MHz、重量0.85kg)
    音声入力600Ω(0dBm)、RF出力50Ω、音声周波数特性+/-1.5dB30〜10000Hz(50%変調時)、歪率3%以下(95%変調時、50〜7500Hz)、大きさ縦220cm×横440cm×奥行き280cm
    • 10kW短波送信機:HFB-7840D(NEC、1991年製)×1基
    送信可能周波数範囲3.2〜15.6MHz、終段プレート変調、強制空冷四極管4CX15000A×3(プレート損失15000W、フィラメント電圧5V、フィラメント電流38.5A、使用可能周波数150MHz、重量0.85kg)、変調用強制空冷四極管4CX5000A×2(プレート損失5000W、フィラメント電圧7.5V、フィラメント電流75A、使用可能周波数220MHz、重量4.3 kg)
    AF入力600Ω(0dBm)、RF出力50Ω、音声周波数特性+/-1.5dB30〜10000Hz(50%変調時)、歪率3%以下(95%変調時、50〜7500Hz)、大きさ縦200cm×横200cm×奥行き100cm
  • 予備送信機:HFB-7840D(NEC、1990年製)×1基 - JOZn
  • 空中線:加藤電気工業所 反射器付支線式折り返し水平ダイポールアンテナ×6面 無指向性コニカルモノポールアンテナ×1面(予備) 無指向性垂直ダイポールアンテナ×1面(予備)
  • STL送受信装置:NEC、出力5W×2系統
  • 送信局舎:鉄筋コンクリート 875m2
  • 非常用電源:ディーゼル発電機 625kVA(三菱重工業

参考文献[編集]

  • 『資料集 日本の短波放送』(日本短波クラブ編 2000年)
  • 『ラジオNIKKEI開局50周年記念誌』巻末資料(ラジオNIKKEI編 2004年)
  • Radiofly Wiki 日経ラジオ社

[編集]

  1. ^ 完全に同一周波数とすると定常波が発生し不感地帯が生じる為、実際には0.3Hz差で運用されている。
  2. ^ 実際には局員が半常駐している
  3. ^ 周波数は当時の表記に従った(サイクル→ヘルツ変更は1972年7月1日)

関連項目[編集]