ラシド・ヌルガリエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ラシド・ヌルガリエフ
Рашид Гумарович Нургалиев
Rashid Nurgaliev.jpeg
ラシド・ヌルガリエフ
生年月日 (1956-10-08) 1956年10月8日(60歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 カレリア自治共和国ナドヴォイツイ
出身校 ペトロザヴォーツク大学
前職 教師(物理学講師)、KGBエージェント、連邦保安庁次官兼監察局長、第一内務次官、 ロシア内務大臣
所属政党 統一ロシア
称号 上級大将経済学博士候補
サイン Signature of Rashid Nurgaliyev.png

内閣 第1次ミハイル・フラトコフ内閣
第2次ミハイル・フラトコフ内閣
ヴィクトル・ズブコフ内閣
第2次ウラジーミル・プーチン内閣
在任期間 2004年3月9日 - 2012年5月21日
テンプレートを表示
2006年、プーチン大統領(右)と

ラシド・グマロヴィチ・ヌルガリエフロシア語: Рашид Гумарович Нургалиев、ラテン文字表記の例:Rashid Gumarovich Nurgaliyev1956年10月8日 - )は、ロシア連邦の職業的諜報員、政治家2003年から2012年までロシア連邦内務大臣ソ連国家保安委員会(KGB)出身のシロヴィキ上級大将ミハイル・カシヤノフ内閣で内相代行。第1次ミハイル・フラトコフ内閣第2次ミハイル・フラトコフ内閣ヴィクトル・ズブコフ内閣及び第2次ウラジーミル・プーチン内閣で内相を務めた。

1979年から1981年まで、カレリア自治ソビエト社会主義共和国ナドヴォイツイ町の学校の物理学講師として働いた。

1981年、カレリア自治ソビエト社会主義共和国KGBに勤務し、カレワリ地区班及びコストムク市課の作戦係からメドヴェジェゴルスク地区班長及びカレリア共和国テロ対策課長までを歴任した。

1995年から、連邦防諜庁(FSK)、後に連邦保安庁(FSB)の中央機構において、組織監察局主任監察官、内査局課長として勤務し、1998年から1999年まで、ロシア連邦大統領監督総局の課を指導した。1999年から、経済保安部密輸・麻薬不法流通対策局を指揮し、その後、FSB次官兼監察局長となった。

2002年、内務第一次官に任命。2004年3月9日、内相に任命。

人物[編集]

民警(警察)職員の家庭に生まれる。民族的にはタタール人。1974年、カレリア自治ソビエト社会主義共和国ナドヴォイツイ町の中学校を卒業。同年、O.V.クーシネン名称ペトロザヴォーツク国立大学に入学し、1979年に卒業した。

妻帯、2児を有する。経済科学準博士。好きな町は、ペトロザヴォーツク。

先代:
ボリス・グルイズロフ
ロシア連邦内務大臣
2004年 - 2012年
次代:
ウラジーミル・コロコリツェフ