ラサ・デ・セラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラサ・デ・セラ
Lhasa de Sela
Lhasa de Sela 29r.jpg
ラサ(2005年シュトゥットガルトにて)
基本情報
別名 ラサ
Lhasa
生誕 1972年9月27日
ニューヨーク州アルスター郡ビッグ・インディアン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (2010-01-01) 2010年1月1日(37歳没)
ケベック州モントリオール
ジャンル
フォークミュージック
ワールドミュージック
職業 シンガーソングライター
担当楽器
ヴォーカル
活動期間 1985年 – 2009年
レーベル オーディオグラム
公式サイト lhasadesela.com

ラサ・デ・セラLhasa de Sela, 1972年9月27日 - 2010年1月1日) は、単にラサLhasa)の名でも知られる アメリカ生まれのシンガーソングライターである。 メキシコとアメリカで育ち、成人後はカナダフランスを拠点に活動した。 ラサ・デ・セラのファースト・アルバム『La Llorona』(ラ・ヨロナ/The Weeping Woman) はカナダでプラチナムディスクの売上を記録し、 ラサはカナダ国内の音楽賞であるフェリクス賞ジュノー賞を受賞した。


来歴[編集]


[編集]

2010年1月1日夕方、21ヶ月間の乳癌との闘病生活の末、 ラサ・デ・セラは、モントリオールの自宅で死亡した。37歳没。 遺族には、パートナーのライアン・モーリー、ラサの両親、ラサの9人の兄弟姉妹がいる。[1][2] 本人の生前の希望に従い、遺体は火葬された。


ディスコグラフィー[編集]


フィルモグラフィー[編集]

  • El Desierto (1997)
  • Con toda palabra (2005)
  • Rising (2009)
  • Cold Souls (2009)


脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Obituary”. The New York Times. (2010年1月7日). http://www.nytimes.com/2010/01/08/arts/music/08lhasa.html/ 2014年11月11日閲覧。 
  2. ^ Fairley, Jan (2010年1月6日). “Lhasa de Sela obituary: Singer-songwriter with a compelling, brooding sound”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/music/2010/jan/06/lhasa-de-sela-obituary 2014年11月11日閲覧。 


外部リンク[編集]