我主イエズスキリストの新約聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラゲ訳新約聖書から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

我主イエズスキリストの新約聖書(わがしゅイエズスキリストのしんやくせいしょ)は、パリ外国宣教会の公教(カトリック)宣教師エミール・ラゲによって訳され、1910年に発行された日本語(文語体)の翻訳聖書である。東京大司教出版認可。本文857ページ。通称はラゲ訳

ラテン語聖書ヴルガータをもとに訳されたもので、ローマ教皇を中心とするカトリック教会の伝統に従って、細かい注釈がついている。天主公教会(カトリック教会)において広く用いられた。

ヴルガータ訳を基礎とし、ギリシャ語聖書を参照、伝道士加古義一に口述させた。1905年頃、脱稿したが、さらに小野藤太、山田準、武笠三らの添削を受けた。1908年頃、ラゲは上京。築地司教座聖堂に居を定め、聖書印刷に経験のある横浜福音印刷合資会社で印刷。1910年、初版発行にいたる。出版費は司教座から、その他の費用はラゲの私財と有志の寄付金でまかなった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人物による日本カトリック教会史』池田敏雄著、中央出版社、1968年、p.162

参考文献[編集]

  • 海老澤有道『日本の聖書 聖書和訳の歴史』講談社〈講談社学術文庫〉、1989年。ISBN 4-06-158906-7

外部リンク[編集]