ラグバオメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグバオメルの焚き火

ラグバオメルヘブライ語: ל"ג בעומר‎)は13世紀から始まったユダヤ教りのひとつ。過越祭(ペサハ)から7週の祭までの7週間、オメル(麦の束)を1日ずつ数えていく(en)33日目にあたる。ラグとはヘブライ数字で33をあらわす。 この日には焚き火をたいて一日祝う風習がある。

この日には様々な歴史的出来事があった。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ラグバオメルに関するカテゴリがあります。