ラグナート・ムルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグナート・ムルム
Raghunath Murmu.JPG
ブバネシュワール市役所オリッサ民族発展協会(OTDS)にあるムルムの石像
誕生 (1905-05-05) 1905年5月5日
インドオリッサ州マユールバンジ
死没 1982年2月1日(1982-02-01)(76歳)
職業 思想家、劇作家、作家
国籍 インド
主題 オル・チキ文字
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示


ラグナート・ムルム (1905年5月5日[1]- 1982年2月1日)[2] は、パンディットであり、サンタル語で使用されるオル・チキ文字の考案者である。 [3][4]

歌や戯曲の本だけでなく[5] 、学校教科書もオル・チキ文字で執筆した。[6]

生い立ち[編集]

1905年5月5日、マユールバンジ県英語版Dandbus村に生まれる。

父ナンドラル・ムルムは村長、父方のおじはRaja Pratap Chandra Bhanjdeoの宮廷でムンシとして仕えた。 [7]

栄典[編集]

マユールバンジ州英語版のアディヴァシ・マハーサバーより、「偉大なる教師」を意味する”Guru Gomke”の称号を贈られた。 [6][8]

ムルムの誕生日である5月5日は、オリッサ州州首相により2016年にoptional holidayとして宣言され、州文化省の管轄で毎年ムルムによるオル・チキ文字の考案を祝福する日となっている。 [3]

出典[編集]

  1. ^ ପ୍ରଣମ୍ୟ ପୁରୁଷ: ପଣ୍ଡିତ ରଘୁନାଥ ମୁର୍ମୁ”. Suryaprava (2017年5月10日). 2017年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月15日閲覧。
  2. ^ Pandit Raghunath Murmu”. 2016年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月13日閲覧。
  3. ^ a b Naveen declares birthday of Raghunath Murmu a holiday”. Times of India (2016年5月18日). 2016年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月4日閲覧。
  4. ^ Odisha Government Portal”. Orissa.gov.in. 2017年12月3日閲覧。
  5. ^ Hembram, Phatik Chandra (2002) (英語). Santhali, a Natural Language. U. Hembram. p. 165. https://books.google.co.uk/books?id=XIlkAAAAMAAJ 
  6. ^ a b Pathy, J (1988) (英語). Ethnic Minorities in the Process of Development. Rawat Book Sellers. p. 174. ISBN 9788170330554. https://books.google.co.uk/books?id=z48eAAAAMAAJ 
  7. ^ उड़िया समझ नहीं आई तो रघुनाथ मुर्मू ने जल-जंगल, जमीन से जुड़े वर्ण गढ़ बना दी लिपि”. bhaskar. 2020年4月25日閲覧。
  8. ^ (英語) Indian Linguistics. 47-50. (1987). p. 18. https://books.google.co.uk/books?id=vmkaAQAAIAAJ. 

外部リンク[編集]