ラグズトゥリッチズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラグズトゥリッチズ
Rags to Riches.jpg
欧字表記 Rags to Riches
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2004年2月27日
A. P. Indy
Better Than Honour
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Skara Glen Stables
馬主 Derrick Smith
Michael Tabor
調教師 Todd Pletcher(アメリカ)
競走成績
生涯成績 7戦5勝
獲得賞金 129万2528ドル
テンプレートを表示

ラグズトゥリッチズ (Rags to Riches) はアメリカ合衆国競走馬。おもな勝ち鞍は2007年のケンタッキーオークスベルモントステークス。同年のエクリプス賞最優秀3歳牝馬。父はエーピーインディ (A.P. Indy) 、母はベターザンオナー (Better Than Honour) 。主戦騎手ギャレット・ゴメス

戦績[編集]

良血馬ということで、キーンランド・セプテンバー・セールでは190万ドルで取引された。その後トッド・プレッチャーによって調教された。

デビュー戦は2006年6月。この時は4着。しかし半年の休養を経て2007年1月7日に再び競馬場に戻って来た頃には、ラグズトゥリッチズはかなり力を付けていた。G1競走2戦を含むサンタアニタ3連戦で快勝を続け、ケンタッキーオークスの有力候補に推される。2.5倍の1番人気に支持されたケンタッキーオークスは直線先頭に立つと後続を突き放し、オクターヴ (Octave) に4馬身1/4の差を付けて優勝、3歳牝馬の頂点に立った。

かねてより牡馬路線に挑戦する計画があったが、ケンタッキーダービー優勝馬ストリートセンス (Street Sense) がベルモントステークスを回避したことを受け、同競走への出走を決定。レースではプリークネスステークス優勝馬のカーリン (Curlin) をアタマ差抑えて勝利した。牝馬が同競走を制したのは102年ぶり3頭目の快挙であり、1992年の優勝馬である父、前年優勝馬の兄ジャジル (Jazil) に続く同競走勝利となった。その後、ガゼルステークスに出走するもレース中の骨折で2着。翌年2008年に引退が発表された。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2006.06.10 チャーチルダウンズ 未勝利 D5.5f 4着 B.ブラン 6 1/4馬身 Change Up
2007.01.07 サンタアニタ 未勝利 D7f 1着 G.ゴメス 6馬身 (Iron Butterfly)
0000.02.10 サンタアニタ ラスヴァージネスS GI D8 1着 G.ゴメス 3/4馬身 (Baroness Thatcher)
0000.03.11 サンタアニタ サンタアニタオークス GI D8.5 1着 G.ゴメス 5 1/2馬身 (Silver Swallow)
0000.05.04 チャーチルダウンズ ケンタッキーオークス GI D9 1着 G.ゴメス 4 1/4馬身 Octave
0000.06.09 ベルモントパーク ベルモントS GI D12f 1着 J.ヴェラスケス アタマ (Curlin)
0000.09.15 ベルモントパーク ガゼルS GI D9f 2着 J.ヴェラスケス 1/2馬身 Lear's Princess

引退後[編集]

引退後はケンタッキー州のアッシュフォードスタッドにて繁殖牝馬となった。初年度の種付け相手はジャイアンツコーズウェイ

血統表[編集]

ラグズトゥリッチズ血統シアトルスルー系 / Bold Riler4×5=9.38%、Nasrullah5×5=6.25% (血統表の出典)
父系

A.P.Indy
1989年 黒鹿毛
父の父
Seattle Slew
1974年 黒鹿毛
Bold Reasoning Boldnesian
Reason to Earn
My Charmer Poker
Fair Charmer
父の母
Weekend Surprise
1980年 鹿毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Lassie Dear Buckpasser
Gay Missile

Better Than Honour
1996年 鹿毛
Deputy Minister
1979 黒鹿毛
Vice Regent Northern Dancer
Victoria Regina
Mint Copy Bunty's Flight
Shakney
母の母
Blush With Pride
1979年 栗毛
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Best in Show Traffic Judge
Stolen Hour F-No.8-f
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

血統背景[編集]

父は二冠馬エーピーインディ。詳しくは同馬の項を参照。母のベターザンオナーは、ケンタッキーオークス優勝馬ブラッシュウイズプライド (Blush With Pride) の仔で、本馬以外の産駒にG1ベルモントステークス優勝馬ジャジル (Jazil) 、ピーターパンステークス (G2) に優勝した日本調教馬カジノドライヴブリーダーズカップ・マラソン (当時重賞格付けなし) に優勝したマンオブアイアンがいる。

外部リンク[編集]