ラクスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラクスル株式会社
RAKSUL INC.
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社[1]
市場情報
東証プライム 4384
2018年5月31日上場
本社所在地 日本の旗 日本
141-0021
東京都品川区上大崎二丁目24番9号
アイケイビル1F
北緯35度38分7.8468秒 東経139度42分50.832秒 / 北緯35.635513000度 東経139.71412000度 / 35.635513000; 139.71412000座標: 北緯35度38分7.8468秒 東経139度42分50.832秒 / 北緯35.635513000度 東経139.71412000度 / 35.635513000; 139.71412000
設立 2009年(平成21年)9月1日
業種 情報・通信業
法人番号 9010401089631 ウィキデータを編集
事業内容 印刷事業・運送事業
代表者 代表取締役社長CEO 松本恭攝
資本金 24億5,284万8千円
(2021年7月31日現在)
発行済株式総数 2,872万9,220株
(2021年7月31日現在)
売上高 302億61百万円(2021年7月期)[2]
営業利益 2億20百万円(2021年7月期)
経常利益 1億30百万円(2021年7月期)
純利益 1億60百万円(2021年7月期)
純資産 79億円
(2021年7月31日現在)
総資産 219億16百万円
(2021年7月31日現在)
従業員数 351名
(2021年7月31日現在)
決算期 7月31日
主要株主 松本恭攝 17.3%
株式会社デジタルホールディングス 9.9%
外部リンク https://corp.raksul.com/
テンプレートを表示

ラクスル株式会社: RAKSUL INC.)は、インターネット関連サービスを中心に展開する日本の企業。

概要[編集]

企業の遊休資産を利用する、いわゆるシェアリングエコノミーの手法により、「ラクスル」では印刷機の非稼動時間を、「ハコベル」では運送会社の空き時間を、それぞれ活用することで低廉な価格を実現している。とくに「ラクスル」では、印刷機の稼働率が4割程度であることに着目し、これを利用することで自社の印刷工場を持つ必要がなく、コストを削減できているとする。社長の松本恭攝はミスミの「持たざる経営」を参考にしたと語っている[3]

2015年には米Red Herring誌による世界で最も革新的なテクノロジーベンチャーを選出するアワード[4]「2015 Red Herring Top Global 100」に選ばれた[5]

沿革[編集]

  • 2009年(平成21年)9月 - 東京都新宿区にてラクスル株式会社を設立
  • 2010年(平成22年)4月 - 印刷通販の価格比較サービスサイト「印刷比較.com」の運営を開始
  • 2010年(平成22年)9月 - 「印刷比較.com」を「ラクスル」に名前変更・サイトリニューアル
  • 2014年(平成26年)7月 - テレビCMの放送を開始
  • 2015年(平成27年)10月 - シンガポールに100%子会社であるRAKSUL INTERNATIONAL PTE. LTD.を設立
  • 2015年(平成27年)12月 - 物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」を開始
  • 2018年(平成30年)5月 - 東京証券取引所マザーズに上場
  • 2019年(令和元年)8月 - 東京証券取引所第1部に市場変更 
  • 2020年(令和2年) 4月 - 運用型のテレビCMを可能にするプラットフォーム「ノバセル」を開始
  • 2020年(令和2年)6月 - ベトナムに100%子会社であるRAKSUL VIETNAM COMPANY LIMITEDを設立
  • 2020年(令和2年)7月 - インドに100%子会社であるRAKSUL INDIA PRIVATE LIMITEDを設立
  • 2020年(令和2年)10月 - 株式会社ペライチに出資し持分法適用関連会社化[2]
  • 2020年(令和2年)12月 - 株式会社ダンボールワンに出資し持分法適用関連会社化[2]
  • 2021年(令和3年)9月 - コーポレートITのプラットフォーム「ジョーシス」を開始
  • 2021年(令和3年)9月 - ネットスクウェア株式会社に出資し持分法適用関連会社化[6]
  • 2022年(令和4年)2月 - 株式会社ダンボールワンを完全子会社化[7][8]、ノバセル事業をノバセル株式会社に[9]、ジョーシス事業をジョーシス株式会社[10]に分社化
  • 2022年(令和4年)3月 - ジョーシス株式会社を持分法適用関連会社に異動[11]
  • 2022年(令和4年)8月 - ハコベル事業をハコベル株式会社に分社化、セイノーホールディングスに対して第三者割当増資を実施することで持分法適用関連会社に異動[12]

サービス[編集]

インターネットからチラシや冊子、パンフレット、ポスターなどの印刷や、新聞折込やポスティングの印刷から配布を一気通貫で行うことができる。
荷物を送りたい企業・個人と空き時間に仕事を受注したい軽貨物ドライバーをマッチングする「ハコベルカーゴ」と物流業者向けの配車管理・求貨求車システムの「ハコベルコネクト」の2つのサービスがある。

関連会社[編集]

連結子会社[編集]

  • ノバセル株式会社
ラクスル独自の広告手法とテレビCMの広告効果測定を行うことができる「ノバセルアナリティクス」の活用により、広告投資の最適化を目指しながら、“運用型のテレビCM”として企画・制作・放映・分析まで一気通貫して提供している。

持分法適用関連会社[編集]

  • 株式会社ペライチ
  • ネットスクウェア株式会社
  • ジョーシス株式会社

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ガバナンス - ラクスル株式会社
  2. ^ a b c 2021年7月期有価証券報告書
  3. ^ 10億円ビジネスの秘密は印刷機の「仮想化」”. アスキーPC. 2018年9月29日閲覧。
  4. ^ RED HERRING GLOBAL”. Red Herring, inc. 2021年4月5日閲覧。
  5. ^ 2015 Top 100 Global: Winners — Red Herring”. 2018年9月29日閲覧。
  6. ^ 2022年第1四半期報告書
  7. ^ 株式会社ダンボールワンの追加取得(完全子会社化)に関するお知らせラクスル 2021年12月9日
  8. ^ ラクスルに全株式売却 ダンボールワン、計45億円で 辻社長は続投北國新聞 2021年12月10日
  9. ^ “会社分割(簡易新設分割)による子会社設立に関するお知らせ(ノバセル株式会社)”. ラクスル株式会社. (2021年12月21日). https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/tdnet/2062044/00.pdf 2022年2月6日閲覧。 
  10. ^ “会社分割(簡易新設分割)による子会社設立に関するお知らせ(ジョーシス株式会社)”. ラクスル株式会社. (2021年12月21日). https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/tdnet/2062046/00.pdf 2022年2月6日閲覧。 
  11. ^ “子会社の第三者割当増資に伴う異動に関するお知らせ”. ラクスル株式会社. (2021年3月11日). https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/tdnet/2095187/00.pdf 2022年3月14日閲覧。 
  12. ^ “会社分割(簡易新設分割)、新設会社の株式譲渡及び第三者割当増資によるセイノーホールディングス株式会社との合弁に関するお知らせ”. ラクスル株式会社. (2021年6月10日). https://ssl4.eir-parts.net/doc/4384/tdnet/2141899/00.pdf 2022年6月10日閲覧。 

外部リンク[編集]