ラクシュミ・プラサド・デヴコタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラクシュミ・プラサド・デヴコタ
Mahakavi laxmi prasad devkota.jpg
誕生 1909年11月12日
カトマンズネパール
死没 1959年9月14日
カトマンズネパール
職業 詩人
テンプレートを表示

ラクシュミ・プラサド・デヴコタネパール語: लक्ष्मीप्रसाद देवकोटा: Laxmi Prasad Devkota 1909年11月12日 - 1959年9月14日)はネパールの詩人、劇作家、小説家でした。 彼はネパール文学の最も偉大な詩人と考えられています[1][2][3][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ https://historyradio.org/2017/11/21/my-father-laxmi-devkota/
  2. ^ http://echoesfromnepal.blogspot.com/2013/11/laxmi-prasad-devkota.html
  3. ^ MICHAEL HUTT (2018年3月7日). “A voice from the past speaking to the present” (英語). Kathmandu: The Record Nepal. 2019年2月24日閲覧。
  4. ^ The great poet (Laxmi Prasad Devkota)” (英語). Kathmandu: Boss Nepal. 2019年2月24日閲覧。