ラギューヌ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯5度25分 西経4度20分 / 北緯5.417度 西経4.333度 / 5.417; -4.333

Région des Lagunes
ラギューヌ州
廃止されたコートジボワールの州
1997年 - 2011年
ラギューヌ州の位置
首都 アビジャン
政府
歴史
 - 設置 1997年1月15日
 - 廃止 2011年9月28日
面積
 - 1998年国勢調査 13,323km2
人口
 - 1998年国勢調査 3,733,413 
     人口密度 280.2/km2
 - 2010年推計 5,342,863 
     人口密度 401/km2
現在 ラギューヌ地方
アビジャン自治区

ラギューヌ州(ラギューヌしゅう、フランス語: Région des Lagunes)はかつてコートジボワールに存在した。州都は同国経済の中心地であるアビジャン。面積は13,323平方キロメートル[1]。人口は1998年国勢調査では約373万人[1]、2010年推計では約534万人[2]で最も人口の多い州であった。国土の南西部に位置し、北から時計回りにンジ=コモエ州アニェビ州中コモエ州南コモエ州ギニア湾南バンダマ州フロマジェ州ラック州と接していた。ISO 3166-2:CICI-01が割り当てられており、最も番号が若かった。

1997年1月15日の行政区画再編によって設置された。2011年9月28日の行政区画再編によって廃止され、アビジャン県はアビジャン自治区に、その他の県はアニェビ州と合併しラギューヌ地方の一部となった[1]。「ラギューヌ」はフランス語で潟湖(ラグーン)を意味し、海岸近くに広がるエブリエ潟英語版に由来する。

行政区画[編集]

成立時は3県であったが、まもなくアビジャン県よりアレペ県、ダブー県、ジャックヴィル県が分立し6県となる。2005年10月6日にダブー県からシケンシ県が分立し、最終的に7県となった[3]。また県の下には2007年時点で26郡と20コミューンがあった[2]

主な都市にアビジャン、ダブーがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Districts of Côte d'Ivoire (Ivory Coast)#Change history” (英語). Statoids.com (2016年1月8日). 2021年10月29日閲覧。
  2. ^ a b Annuaire des Statistiques Démographiques et Sociales, 2007-2010 (pdf)” (フランス語). コートジボワール国立統計研究所. pp. 10 - 27 (2012年1月). 2021年10月29日閲覧。
  3. ^ Regions of Côte d'Ivoire (Ivory Coast)#Change history”. Statoids.com (2015年9月23日). 2021年10月29日閲覧。