ラオディケ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラオディケ3世
ポントス王女

在位期間
紀元前222年頃 – 紀元前191年頃

死亡 紀元前176年以降
王朝 セレウコス朝
配偶者 アンティオコス3世
子女
テンプレートを表示

ラオディケ3世(ラオディケさんせい、Laodice III、ギリシア語 Λαοδικη)は、ポントスの王女であり、セレウコス朝の王妃。彼女は紀元前212年から206年にかけて、夫のアンティオコス3世の東方遠征中に、長男アンティオコスの摂政を務めた。アンティオコスは紀元前193年に、彼女を崇拝する王室カルトを作った。紀元前192年、彼女は夫の再婚によって政治から距離を置いた。記録から分かっている彼女の最後の動静は、息子のセレウコス4世の裁判に関するもので、紀元前177年から176年の時のものである[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Beilman, A. Femmes en public dans le monde hellénistique, Malesherbes, Sedes, 2002, pg 45.