ラオスの国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pheng Xat Lao
和訳例:ラオスの国歌

国歌の対象
ラオスの旗 ラオス

作詞 Sisana Sisane(1975年
作曲 Thongdy Sounthonevichit(1941年
採用時期 1947年
言語 ラーオ語
テンプレートを表示

ラオス国歌ラオス国歌ラーオ語ເພຽຊາດລາວ)という。トーンディー・スントーンウィチット(1905 - 68年)が1941年に作詞・作曲し、1947年ラオス王国の国歌として制定された。しかし、1975年にラオス人民民主共和国が成立すると、政治的理由から歌詞の内容が改められた。

歌詞[編集]

ຊາດລາວຕັ້ງແຕ່ໃດມາ ລາວທຸກຖ້ວນຫນ້າເຊີດຊູສຸດໃຈ
ຮ່ວມແຮງຮ່ວມຈິດຮ່ວມໃຈ ສາມັກຄີກັນເປັນກຳລັງດຽວ
ເດັດດ່ຽວພ້ອມກັນກ້າວຫນ້າ ບູຊາຊູກຽດຂອງລາວ
ສົ່ງເສີມໃຊ້ສິດເປັນເຈົ້າ ລາວທຸກຊົນເຜົ່າສະເໝີພາບກັນ
ບໍ່ໃຫ້ຝູງຈັກກະພັດ ແລະພວກຂາຍຊາດ
ເຂົ້າມາລົບກວນ ລາວທັງມວນຊູເອກະລາດ
ອິດສະລະພາບ ຂອງຊາດລາວໄວ້
ຕັດສິນໃຈສູ້ຊິງເອົາໄຊ ພາຊາດກ້າວໄປສູ່ຄວາມວັດທະນາ

ローマ字転写[編集]

Xatlao tangtae dayma lao thookthuana xeutxoo sootchay,
Huamhaeng huamchit huamchay samakkhikan pen kamlang diao.
Detdiao phomkan kaona booxa xukiat khong lao,
Songseum xaysit pen chao laothook xonphao sameu pabkan.
Bo hay Phuak chackkaphat lae phuak khayxat khaomalob kuan,
Lao thangmuan xoo ekkalat itsalaphab khong xatlao vai,
Tatsin chay soo xing ao xay Sad Lao kaopay soo khuam vatthana.

仮名文字転写[編集]

サート ラーオ タン テー ダイ マー
ラーオトゥック トゥアン アー ナー スー(ト) スー スッ(ト) チャイ
フアン ヘーン フアン チット フアン チャイ
サー マッ(ク) キー カン ペン カム ラン ディアオ
デッ(ト) ディアオ ポーム カン カオ ナー
ブー サー スー キアッ(ト) コーン ラーオ
ソン スーム サイ シット ペン チャオ
ラーオ トゥック ソン パオ サ ムー パー(ク) カン
ボー ハイ フーン チャッ(ク) カ パット
レ プアッ(ク) カーイ サート カオ マー ロップ クアン
ラーオ タン ムアン スー エー(ク) カ ラート
イト サー ラー パブ コン サート ラーオ ワイ
タット シン チャイ スー シン アオ サイ
サート ラーオ パイ パイ ス クワーム ワッ(ト) タ ナー

日本語訳[編集]

ラオス民族はいにしえより 全てのラオ人は心たからか
ちからを合わせ心をつどい 一つの力として協力する
絶対に一緒に前進し ラオスの名誉をたたえる
主権者たるをうながし 全てのラオスの民族は平等である
帝国主義者や 売国奴に妨害はさせない
ラオス人はみな統一と ラオス民族の独立をかかげる
勝利を決心し 民族を繁栄に導く

参考:英語訳
For all time the Lao people have glorified their Fatherland,
United in heart, spirit and vigour as one.
Resolutely moving forwards,
Respecting and increasing the dignity of the Lao people
And proclaiming the right to be their own masters.
The Lao people of all origins are equal
And will no longer allow imperialists and traitors to harm them.
The entire people will safeguard the independence
And the freedom of the Lao nation.
They are resolved to struggle for victory
In order to lead the nation to prosperity.