ラウ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウ山
Gunung Lawu.jpg
ラウ山
標高 3,265 m
所在地 インドネシアの旗 インドネシア ジャワ島中部ジャワ州
位置 南緯7度37分30秒
東経111度11分30秒
座標: 南緯7度37分30秒 東経111度11分30秒
種類 成層火山
ラウ山の位置(インドネシア内)
ラウ山
ラウ山
ラウ山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ラウ山インドネシア語: Gunung Lawu)は、インドネシア中部ジャワ州の大規模な成層火山である。北側は深く侵食されている。噴気孔は南側の斜面2,550m付近にある。火山活動は、1885年に唯一[要出典]起こしている。ジャワ島最長の河川でジャワ海に注ぐソロ川の水源でもある。

霊峰として崇められ、中腹にはヒンズー教スクー寺院英語版チェト寺院英語版がある。また、スラカルタの王家、マンクヌゴロ家英語版霊廟スカルノの霊廟もある。

Lawu.jpg