ラウンド・オーク駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラウンド・オーク駅
Round Oak railway station
基本情報
住所 イングランドの旗 イングランドウェスト・ミッドランズ州ダドリーブライアリー・ヒル英語版
イギリスの旗 イギリス
座標 北緯52度29分19秒 西経2度07分13秒 / 北緯52.4886度 西経2.1204度 / 52.4886; -2.1204座標: 北緯52度29分19秒 西経2度07分13秒 / 北緯52.4886度 西経2.1204度 / 52.4886; -2.1204
路線 オックスフォード-ウスター-ウルヴァーハンプトン線英語版
構造 地上駅
詳細情報
開業 1852年
休止・廃止 1962年
所有 イギリス国鉄

ラウンド・オーク駅(ラウンドオークえき、: Round Oak railway station)は、かつてオックスフォード-ウスター-ウルヴァーハンプトン線英語版にあった廃駅)である。

歴史[編集]

当駅は、ブライアリー・ヒル英語版の町で利用される駅として、1852年に開業した。 当駅では、元々はオックスフォード、ウスター・アンド・ウルヴァーハンプトン鉄道英語版およびサウス・スタッフォードシャー鉄道英語版、後にそれぞれグレート・ウェスタン鉄道および(ロンドン・アンド・ノース・ウェスタン鉄道英語版との合併を通じて)ロンドン、ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道となった、2つの鉄道/ルートを利用することができた。

事故[編集]

「ラウンド・オーク駅近くの、オックスフォード・アンド・ウスター鉄道の事故」の1858年印刷物

1858年に、当駅で遊覧列車の連結器が壊れ、後部車両がラウンド・オーク駅からの下り勾配によりブレッテル・レーン英語版方へ押し戻され、車両が他の列車(実際には、長大編成により一度は問題なく既に切り離されていた、同じ遊覧列車の一部であった)と衝突したことにより、乗客14名が死亡し、50名よりも多い負傷者を出した。

閉鎖[編集]

1962年のプレ・ビーチングにて、イギリス国鉄は当駅を閉鎖し、同時に貨物利用による計画が断念された。 ラウンド・オーク・スティール・ターミナル駅英語版行きの貨物列車は、北側に面した数百ヤードの用地を通過し続けている。

ミッドランド・メトロ[編集]

110万ユーロ/15年長の再生プロジェクトでは、単線のトラムおよび他の貨物輸送向けに、ウォルソールダドリー・ポート駅英語版ダドリー駅英語版およびメリー・ヒル・ショッピング・センター英語版間の路線の再開業とともに、当駅が地元のトラム網の一部となる予定である。 貨物列車は、ブレッテル・レーン駅英語版を過ぎると、ストールブリッジ・ジャンクションにて本線へと継続して走行する[1]ミッドランド・メトロ・トラムおよび貨物列車用のヘビーレール路線の組み合わせとして、ダドリーを通る鉄道の閉鎖区間は、2010年代中に再開業することが期待された[2]

それは、ミッドランド・メトロの第二フェーズと一緒に行うために、2012年に通行ルートとして再開業するように設定された。だが、ハーツ・ヒル英語版がある付近の路線から、トラムが分岐することが予想されている。 建設工事が開始されるとき、2012年10月時点では、一切発表はなされていなかった。

脚注[編集]