ラウレンティノ・コルティソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコルティソ第二姓(母方の)はコーエンです。
ラウレンティノ・コルティソ
Laurentino Cortizo (cropped).jpg
パナマの大統領
就任
2019年7月1日
副大統領 ホセ・ガブリエル・カリーソ
前任者 フアン・カルロス・バレーラ
農業相
任期
2004年12月1日 – 2006年1月10日
大統領 マルティン・トリホス
前任者 フアン・カルロス・バレーラ
国会議長
任期
2000年7月1日 – 2001年7月1日
前任者 エンリケ・ガリード
後任者 ルベン・アロセメナ
個人情報
生誕 (1953-01-30) 1953年1月30日(66歳)
パナマパナマシティ
政党 民主革命党
配偶者 ヤスミン・コロン・デ・コルティソ
子供 2子
出身校 ノリッジ大学 (B.B.A.)
テキサス大学オースティン校 (M.B.A.)
公式サイト www.nitocortizo.com

ラウレンティノ・コルティソ・コーエンスペイン語: Laurentino Cortizo Cohen1953年1月30日 - )は、パナマの政治家。現大統領。民主革命党 (PRD) 所属。愛称はニート (Nito) 。

1994年から2004年まで国会議員[1]。その間の2000年には国会議長に選出され、翌年まで在任した[2]。その後、マルティン・トリホス政権の農相に就任したが、同政権が推進する米国との自由貿易協定 (FTA) に反対して、2006年に辞任した[1]

2019年5月5日の大統領選で、33.27%の得票率をもって大統領に当選した[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]