ラウル・ジ・スーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラウル・ジ・スーザ
Raul de Souza
Raul de Souzas (cropped).jpg
ラウル・ジ・スーザ(中央、2014年)
基本情報
別名 Raulzinho
生誕 (1934-08-23) 1934年8月23日
出身地 ブラジルの旗 ブラジル リオデジャネイロ
死没 (2021-06-13) 2021年6月13日(86歳没)
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ミュージシャン
担当楽器 トロンボーン
レーベル マイルストーン・レコードキャピトル・レコード

ラウル・ジ・スーザ[1]Raul de Souza1934年8月23日 - 2021年6月13日)は、ラウルジーニョ(Raulzinho)としても知られる、セルジオ・メンデスフローラ・プリムアイアート・モレイラミルトン・ナシメントソニー・ロリンズカル・ジェイダー、そしてフュージョン・バンドのカルデラと共演したトロンボーン奏者である[2]

略歴[編集]

アメリカ合衆国の音楽プロデューサー、作曲家、ピアニストであるジョージ・デュークは、1970年代半ばにジ・スーザのキャピトルからのリリースであるファースト・アルバムとセカンド・アルバムの『スイート・ルーシー』『讃歌』をプロデュースするために連れてこられた。1979年、ジ・スーザは『'Til Tomorrow Comes』をリリースした。これは、ロサンゼルスのトップ・ソウル・セッション・プレーヤーの多くが参加するアーサー・ライトのプロデュース作品である。このレコーディングはジャズでなく、ディスコ/ファンクの時流に乗るための努力が垣間見られた。マイルストーンからの初期アルバムである『カラーズ』は、ファンタジー・レコードからのオリジナル・ジャズ・クラシック・シリーズの一部としてCDで入手できる。

1960年代初頭、彼はセルジオ・メンデスのオリジナル・ボッサ・リオ・グループのメンバーを務めた。1960年代後半、2度目のよりポップ志向になったボッサ・リオ・グループは、キーボード奏者のマンフレッド・フェストによって率いられた(メンデスは2枚のアルバムのプロデューサーを務めた)。

彼は多くの国際的なジャズ・フェスティバルに出演し、アメリカにて長きにわたり生活し活動した後、ブラジルに戻って演奏と作曲を続けている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『カラーズ』 - Colors (1975年、Milestone)
  • 『スイート・ルーシー』 - Sweet Lucy (1977年、Capitol)
  • 『讃歌』 - Don't Ask My Neighbors (1978年、Capitol/EMI)
  • 'Till Tomorrow Comes (1979年、Capitol)
  • Viva Volta Inverno & Verao, (1986年、RGE)
  • 20 Preferidas (1996年、RGE)
  • Rio (1999年、Mix House)
  • Elixir (2004年、Tratore)
  • Jazzmim (2006年、Biscoito Fino)
  • Soul & Creation (2008年、PAO)
  • Bossa Eterna (2008年、Biscoito Fino)
  • Brazilian Samba Jazz (2016年、Encore Merci)
  • Blue Voyage (2018年、Selo)

参加アルバム[編集]

  • カルデラ : 『カルデラ』 - Caldera (1976年、Capitol/EMI)
  • デイヴィッド・フェルドマン : Horizonte (2016年)
  • エルメート・パスコアール : 『スレイヴス・マス』 - Slaves Mass (1977年、Warner Bros.)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ハウル・ヂ・ソウザ」の表記もある。
  2. ^ Biography, AllMusic

外部リンク[編集]