ライン地溝帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライン地溝帯(ラインちこうたい)は、ライン川上流部に沿う地溝帯で、ドイツフランスに、またごく一部はスイスにもまたがる。上部ライン(オーバーライン)渓谷(または平野、盆地)などの呼び方もある。南北300km、東西40kmほど。西のプフェルツァーヴァルトヴォージュ山脈、東のオーデンヴァルトシュヴァルツヴァルトにはさまれる。

地理[編集]

ライン川は地溝帯南端のバーゼル付近で流れを北向きに変え、中央付近を北流した後、北部のマインツ付近で西向きに転じて中部ライン渓谷に入る。ライン地溝帯はドイツの中では比較的温暖な地域で、ブドウ栽培が盛んである。また人口と産業が比較的集中し、西ヨーロッパの中心的産業地域「ブルーバナナ」の一角をなす。ドイツの経済の中心であるフランクフルトを始めとして、以下のような都市がある。

形成[編集]

新生代初期に形成された、西ヨーロッパを縦断する地溝帯の一部に当たる。その後のアルプス造山運動に伴って発達し、現在でも地震活動がある。1356年にはバーゼル付近でヨーロッパ中北部としては史上最大の地震があり、同市は壊滅状態となった。