ライムンド・ペレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライムンド・ペレイラ(Raimundo Pereira、1956年8月28日 - )はギニアビサウの政治家、弁護士。同国大統領代行を2度務めた。ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党の党員。

経歴[編集]

リスボン大学法学部卒。ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党の副党首にまで上りつめる。

2008年12月22日、ギニアビサウ国民議会議長に選出される。2009年3月2日に、ジョアン・ヴィエイラ大統領が暗殺され、マラム・バカイ・サニャが正式な大統領に就任する9月8日まで大統領代行を務めた。そのマラム・バカイ・サニャも任期途中の2012年1月9日に急逝し、再び大統領代行を務めることとなった。大統領選期間中の4月13日に軍部によるクーデターが発生し、候補者で前首相のカルロス・ゴメス・ジュニオルとともに身柄を拘束された[1]

出典[編集]


公職
先代:
ジョアン・ヴィエイラ
マラム・バカイ・サニャ
ギニアビサウの旗 ギニアビサウ共和国大統領
(代行)1999 - 2000
(代行)2012
次代:
マラム・バカイ・サニャ
ママドゥ・トゥーレ・クルマ英語版