ライバッハ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライバッハ
(Laibach)
Laibach wracku raciborz 07 2010 010.jpg
基本情報
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
スロベニアの旗 スロベニア
ジャンル 電子音楽
アヴァンギャルド
インダストリアル
ネオクラシカル・ダークウェイヴ
活動期間 1980年 -
レーベル ミュート・レコード
共同作業者 300.000 V.K.
公式サイト http://www.laibach.nsk.si/

ライバッハLaibach)は、1980年スロベニア(当時はユーゴスラビア)のトルボヴリェで結成された実験音楽バンドである。ライバッハとはスロベニアの首都リュブリャナドイツ語名である。

概要[編集]

1980年、トマシュ・ホストニク(Tomaž Hostnik)とデヤン・クネツ(Dejan Knez)を中心に結成。1982年にホストニクは自殺するが、その後加入したミラン・フラス(Miran Fras)が代わりに中心となり、活動を続けている。アルバムのジャケットやビデオクリップにたびたび登場する、頭巾を被った男性がフラスである。フラス以外のメンバーは基本的に匿名である(アルバム等のクレジットにも記載されていなかったが、2014年に発表された『Spectre』では作詞者やパフォーマーとしてフラスの他複数のメンバーの名前が記載されている。ただし、同時に「ライバッハとは皆さんご存知の通りEber、Saliger、DachauerそしてKeller(によって構成されている)」とも書かれてある。これら4名の名義はライバッハの初期から使われてきた匿名そのものである。)。

最初期の作品は、音楽的にはインダストリアル・ミュージックの傾向が強く、前衛音楽的とも言える。やがて『オーパス・デイ(Opus Dei)』でハンマー・ビートを用いるようになった。 1990年代からは別名義のユニット300,000V.K.が手がけていたエレクトロニック・ミュージックの要素を多く取り入れている。特に『WAT』ではスロベニアを代表するテクノDJユーメック(Umek)がアルバム全体をプロデュースしている。

グループ自体は自身の活動を新スロベニア芸術(Neue Slowenische Kunst)という芸術運動の一部に位置づけており、制服の着用などの全体主義を想起させるモチーフの多用が特徴である。ライバッハという名も、スロベニア各地を占領しドイツ化を推し進めたナチス・ドイツを連想させるとして、第二次世界大戦以降は使用が控えられてきたものである。これらのモチーフの使用は、あくまでファシズムに対するパロディの一環であると彼らは主張しているが、彼らに詳しくない音楽ファンから誤解されたり、右翼左翼の双方から攻撃される原因となり(ただしスラヴォイ・ジジェクに代表される擁護者もいる)、またユーゴスラビア時代には政府から監視される原因となった。

日本ではグループのイメージ戦略のインパクトや、スラヴォイ・ジジェクの言明、思想家の浅田彰が(初期の作品を)評価したこともあり、またアルファレコードから発売された邦盤の『Opus Dei』のジャケット帯の「おっかねぇ 人生ワッハッハのライバッハ」というユーモラスなコピーや、ビートルズの「レット・イット・ビー」のカバーの印象も相まって(欧米ほどではないにしろ)音楽通の間では(多少キワモノ扱いされながらも)比較的知られている存在である。なお、1980年代末に一度だけ来日の予定があったが、昭和天皇の重態(および崩御)に伴い中止となっている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

外部リンク[編集]