ライネ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライネ川

ライネ川(ライネがわ、ドイツ語: Leine)は、ドイツテューリンゲン州ニーダーザクセン州などを流れる長さ281kmの河川で、アラー川の支流である。

地理[編集]

川の源流はテューリンゲン州のライネフェルデという町に位置し、40kmほど流れてニーダーザクセン州に入る。ハノーファーの約40km北でアラー川に合流する。流路は南から北にほぼまっすぐ流れる。上・中流では東にハルツ山地、西に丘陵地帯が広がり、南北に細長い平地の谷を作る。この谷を「ライネタル (Leinetal)」という。流域の都市には、ゲッティンゲンアルフェルドグローナウハノーファーがある。

1994年、中流部にザルツダーヘルデン洪水調整池が作られた[1]。自然保護区としての機能も兼ねている[2].。

歴史[編集]

ドイツの中央を南北に通るライネタウは、中世前期には交通上重要であった。特に10世紀のザクセン朝時代には、王家の根拠地ザクセン地方と中・南部ドイツを結ぶ要路となり、いくつかの王宮も置かれた。流量が多くないので水運は発達しなかったが、かつては材木を筏に組んで下流に流した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Der Niedersächsische Landesbetrieb für Wasserwirtschaft, Küsten und Naturschutz Hochwasserrückhaltebecken Salzderhelden.
  2. ^ a b Kleine Landeskunde Südniedersachsen, p174.

参考文献[編集]

  • Landschaftsverband Südniedersachsen e.V., Arbeitsgemeinschaft für Südniedersächsische Heimatforschung e.V. Kleine Landeskunde Südniedersachsen, Holzminden, 2017.