ライタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ライタ
Raita with cucumber and mint.jpg
キュウリとミントのライタ
別名 रायता, রাইতা
Pachadi
フルコース 調味料
発祥地 インド、パキスタン、バングラディシュ
地域 北インド, パキスタン, シレット
提供時温度
主な材料 ヨーグルト、キュウリ、ミント
派生料理 ダヒチャトニー, パチャディ
46 kcal (193 kJ)
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

ライタ(Raita)は、インドパキスタンバングラディシュの料理であり、ダヒヨーグルトカードともされる)と生又は調理した野菜、また稀に果物やヒヨコマメ粉の揚げ衣から作る。

西洋の料理で最も近いものは、ディップまたは温サラダである。調味料とされることもあるが、食塩コショウマスタードホースラディッシュ等の、料理をよりスパイシーにする西洋の伝統的な調味料とは違い、ライタはカレーケバブ等のアジア料理に対して冷やす効果を持つ。ベジタリアン用のインド料理では、フラットブレッドをライタ、チャツネピクルスとともに食べることがある。

ヨーグルトは、コリアンダー、ローストしたクミンシード、ミントカイエンペッパーチャート・マサラ、その他のハーブやスパイスで味付けされる。

用語[編集]

raitaという言葉はヒンディー語に由来し、19世紀頃に初めて書物に現れた[1]。ヒンディー語やウルドゥー語raitaという言葉は、サンスクリット語で「クロガラシ」という意味のrajikaと「刺激がある」という意味のtiktakaに起源を持つ[2]。南インド、特にケーララ州やタミル・ナードゥ州では、伝統的なライタはパチャディ(pachadi)と呼ばれる。

また、その主な材料から単にダヒと呼ばれることもある。

作り方[編集]

クミンとクロガラシを揚げ、これをみじん切りにした生の野菜や果物(キュウリタマネギニンジンパイナップルパパイヤ等)及びヨーグルトと混ぜる[3]

味付けに、生のショウガニンニクのペースト、青唐辛子のペーストを用い、からしのペーストを加えることもある。

インド北部では、小さく揚げたヒヨコマメ粉を入れ、塩味またはスパイシーな味つけをして冷やしたboondi raithaを作る。ライタは、インドやパキスタンのスパイシーな料理を食べた口を冷やす効果がある[4]。インド南部のライタのことはパチャディと呼ぶ。

種類[編集]

ライタは、野菜、豆、果物の主な3つの材料からつくることができる。これらをヨーグルトと混ぜ、様々な味付けをすることによって、様々な種類のライタになる[5]

野菜のライタ[編集]

豆のライタ[編集]

果物のライタ[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]