ライジュア島 (インドネシア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東ヌサ・トゥンガラの島々

ライジュア島インドネシア語Pulau Raijua)はインドネシア東ヌサ・トゥンガラ州にある

地理[編集]

周囲は約30km、人口は約8500人。島には乾燥した土地が広がり、陸稲青豆が栽培されている。

イカット[編集]

フローレス島などとともに伝統織物「イカット」(絣織り)で有名。後述する祭礼「タオラオ」では、死者を送るための儀式にかかせないものとなる。

魔女伝説とアオ・パケ・プア[編集]

この島には、2人の魔女がおり、島民はその子孫だという。2人の魔女は、様々なところを移動しては、男達を次々と誘惑し、多くの子供を産んだ。この魔女伝説と結びつくかのように、島には「アオ・パケ・プア」と呼ばれる、未婚の女性によって産まれた子供達が多く存在する。島では、こうした伝説や現象をタブー視せず、子宝として尊重されていることが多い。(アオ・パケ・プアとは、「神から授かった子」というような意味である。)

タオラオ[編集]

この島には、「タオラオ」と呼ばれる、死者を祀る祭礼が、毎年一回、6月に行われる。このタオラオでは、魔女「マラガー」に対し、生贄を捧げ、住民が織った独特の模様のイカットを飾り、死者をあの世に送る。