ライアン・バクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ライアン・バックター
  • ライアン・ブッチャー
  • ライアン・ブシュター
  • ライアン・ブクター
ライアン・バクター
Ryan Buchter
オークランド・アスレチックス #52
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州バークス郡レディング
生年月日 (1987-02-13) 1987年2月13日(31歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 MLBドラフト33巡目
初出場 2014年6月20日
年俸 $544,700 (2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ライアン・ジェームズ・バクターRyan James Buchter, 1987年2月13日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州バークス郡レディング出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBオークランド・アスレチックス所属。愛称はブック[2]

経歴[編集]

プロ入りとナショナルズ傘下時代[編集]

2005年MLBドラフト33巡目(全体984位)でワシントン・ナショナルズから指名され、プロ入り。

2006年に傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズでプロデビューし、11試合(先発1試合)に登板して1勝1敗・防御率7.24・12奪三振の成績を残した。

2007年はA-級バーモント・レイクモンスターズ英語版でプレーし、20試合に登板して1勝2敗2セーブ・防御率6.82・34奪三振の成績を残した。

2008年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズとA級ヘイガーズタウン・サンズ英語版でプレーし、2球団合計で17試合に登板して4勝2敗・防御率2.59・25奪三振の成績を残した。

カブス傘下時代[編集]

2008年11月3日にマイナー選手マット・エイブリーのとのトレードで、シカゴ・カブスへ移籍した[3]

2009年は傘下のA級ピオリア・チーフスでプレーし、38試合に登板して3勝0敗5セーブ・防御率1.33・79奪三振の成績を残した。

2010年はAA級テネシー・スモーキーズでプレーし、47試合(先発1試合)に登板して7勝2敗・防御率4.65・71奪三振の成績を残した。

2011年はA+級デイトナ・カブスとAA級テネシーでプレー。

ブレーブス時代[編集]

2011年5月26日ロドリゴ・ロペスとのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[4]。移籍後は傘下のA+級リンチバーグ・ヒルキャッツへ配属され、移籍前を含めて3球団合計で50試合に登板して6勝5敗16セーブ・防御率3.52・79奪三振の成績を残した。

2012年はAA級ミシシッピ・ブレーブスとAAA級グウィネット・ブレーブスでプレーし、2球団合計で44試合に登板して3勝3敗4セーブ・防御率2.74・55奪三振の成績を残した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、フェニックス・デザートドッグス英語版に所属した。

2013年はAAA級グウィネットでプレーし、50試合に登板して4勝0敗5セーブ・防御率2.76・103奪三振の成績を残した。オフの11月1日にメジャー契約を結び、40人枠入りした[5]

2014年は開幕25人枠入りしていたが、登板機会が無いままAAA級グウィネットへ降格した。6月20日に再昇格し、同日のナショナルズ戦でメジャーデビュー。1回を無失点に抑えて初登板初勝利を手にしたが、その1登板のみで再び降格した[6]。AAA級グウィネットでは49試合に登板して3勝3敗1セーブ・防御率3.29・63奪三振の成績を残した。 9月26日に40人枠外となり、オフの11月3日FAとなった[7]

ドジャース傘下時代[編集]

2015年1月9日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。開幕から傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースでプレーしていたが、7月22日に自由契約となった[7]

カブス傘下復帰[編集]

2015年7月27日にカブスとマイナー契約を結び、傘下のAAA級アイオワ・カブスへ配属された。移籍前を含めて2球団合計で43試合に登板して2勝0敗3セーブ・防御率1.78・62奪三振の成績を残した。オフの11月6日にFAとなった[7]。また、オフの間にはオリックス・バファローズが獲得を目指しているという報道があったが[8]、移籍は実現しなかった。

パドレス時代[編集]

2015年12月8日サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結び、2016年1月8日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[7]。この年は開幕から左の中継ぎとしてメジャーに定着し、最終的に67試合に登板して3勝0敗1セーブ・防御率2.86・78奪三振の成績を残した。

ロイヤルズ時代[編集]

2017年7月24日トラビス・ウッドマット・ストラム、エステウリー・ルイーズおよび金銭とのトレードで、トレバー・ケーヒルブランドン・マウラーと共にカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[9]。この年は2球団合計で71試合に登板して4勝3敗1セーブ・防御率2.89・65奪三振の成績を残した。

アスレチックス時代[編集]

2018年1月29日ジェシー・ハンヒース・フィルマイヤー英語版とのトレードで、ブランドン・モスと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 ATL 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 3 1.0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
2016 SD 67 0 0 0 0 3 0 1 20 1.000 247 63.0 34 4 31 3 2 78 3 0 20 20 2.86 1.03
2017 42 0 0 0 0 3 3 1 15 ---- 161 38.1 28 7 18 0 1 47 0 1 15 13 3.05 1.20
KC 29 0 0 0 0 1 0 0 5 ---- 107 27.0 16 3 8 1 3 18 0 0 10 8 2.45 0.89
'17計 71 0 0 0 0 4 3 1 20 ---- 268 65.1 44 10 26 1 4 65 0 1 24 21 2.89 1.07
MLB:3年 139 0 0 0 0 8 3 2 40 .727 548 129.1 78 14 58 4 6 144 3 1 44 41 2.85 1.05
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 60(2014年)
  • 40(2016年 - 2017年7月23日)
  • 49(2017年7月25日 - 同年終了)
  • 53(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Ryan Buchter Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年7月25日閲覧。
  2. ^ Royals Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  3. ^ Bill Ladson (2008年11月3日). “Nats swap Minor Leaguers with Cubs” (英語). MLB.com. 2017年7月24日閲覧。
  4. ^ “Braves trade Rodrigo Lopez to Cubs” (英語). Associated Press. Washington Times. (2011年5月26日). http://www.washingtontimes.com/news/2011/may/26/braves-trade-rodrigo-lopez-to-cubs/ 2017年7月25日閲覧。 
  5. ^ “Braves announce two roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Atlanta Braves), (2013年11月1日), http://m.braves.mlb.com/news/article/63616942 2017年7月25日閲覧。 
  6. ^ 「2014メジャーデビュー全234選手リスト」『月刊スラッガー』2015年3・4月合併号 日本スポーツ企画出版社 76頁
  7. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2017年7月26日閲覧。
  8. ^ オリ バクター獲得へ!待望の速球派左腕”. デイリースポーツ (2015年12月25日). 2016年11月1日閲覧。
  9. ^ Jeffrey Flanagan (2017年7月24日). “Royals deal for SD's Cahill, Maurer, Buchter” (英語). MLB.com. 2017年7月25日閲覧。
  10. ^ Jane Lee (2018年1月29日). “A's add Moss, lefty Buchter in deal with Royals” (英語). MLB.com. 2018年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]