ライアン・スウィーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライアン・スウィーニー
Ryan Sweeney
Ryan Sweeney.jpg
オークランド・アスレチックス時代
(2008年7月29日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイオワ州シーダーラピッズ
生年月日 (1985-02-20) 1985年2月20日(32歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目
初出場 2006年9月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ライアン・ジョゼフ・スウィーニー(Ryan Joseph Sweeney, 1985年2月20日 - )は、アメリカ合衆国アイオワ州シーダーラピッズ出身の元プロ野球選手(外野手)。

経歴[編集]

プロ入りとホワイトソックス時代[編集]

2003年6月3日シカゴ・ホワイトソックスからドラフト2巡目で指名を受け、7月12日に選手契約を結んだ。同年は、いずれもマイナーリーグのルーキー級のブリストル・ホワイトソックスグレートフォールズ・ホワイトソックスで計29試合に出場。限られた出場機会ながら打率.327・2本塁打・9打点という成績を残した。

2004年はA+のウィンストンサレム・ワーソッグスで134試合に出場。打率.283・7本塁打・66打点・8盗塁という成績を残した。

2005年はクラスが1つ上がり、AAのバーミンガム・バロンズで113試合に出場。打率.298・出塁率.357といずれも前年を上回る成績を残し、成長の後を見せた。

2006年はAAAのシャーロット・ナイツで118試合に出場し、打率.296・13本塁打・70打点という好成績をマーク。 9月1日にメジャーデビューを果たした。メジャーリーグではシカゴ・ホワイトソックスで18試合に出場し、打率.229という成績をマーク。また、8安打で5打点を挙げた。

2007年も引き続きホワイトソックスでプレイし、15試合に出場したが、打率は.200ちょうどと前年を下回った。しかし、メジャー初となる長打(二塁打と本塁打)を記録した。

アスレチックス時代[編集]

2008年1月3日ニック・スウィッシャーとのトレードファウティノ・デロスサントスジオ・ゴンザレスと共にオークランド・アスレチックスに移籍した[1]

同年は、アスレチックスで多くの出場機会を与えられ(右翼手として75試合、中堅手として51試合、左翼手として13試合に出場)、115試合に出場した。また、打率.286・5本塁打・45打点・9盗塁・出塁率.350という数字を残した。また、得点圏打率も.330という高い数字だった。

レッドソックス時代[編集]

2011年12月28日ジョシュ・レディック、他3名のマイナー選手とのトレードアンドリュー・ベイリーと共にボストン・レッドソックスへ移籍。

2012年11月30日にFAとなった。

2013年1月25日にレッドソックスとマイナー契約で再契約するも、3月30日に放出された。

カブス時代[編集]

2013年4月2日シカゴ・カブスとマイナー契約を結び[2]5月6日にメジャー昇格。10月8日に2年総額350万ドルの契約(2016年のオプション付き)を結んだ[3]

2015年4月7日に自由契約となる。

ツインズ傘下時代[編集]

2015年12月17日、ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結び、2016年のスプリング・トレーニングに招待選手として参加することになった[4]

選手としての特徴[編集]

打撃面ではミートが上手く、堅実なバッティングから3割近くの打率を残している。また、強肩で守備範囲も広く、走塁面でもハイレベルである。2008年には、当時チームメイトだったフランク・トーマスから「将来のスター」と評価されていた[5]

かつて、チームメイトだったダリック・バートンと共同生活を送っていた[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 CWS 18 35 35 1 8 0 0 0 8 5 0 0 0 0 0 0 0 7 1 .229 .229 .229 .457
2007 15 49 45 5 9 3 0 1 15 5 0 1 0 0 4 0 0 5 2 .200 .265 .333 .599
2008 OAK 115 433 384 53 110 18 2 5 147 45 9 1 2 6 38 3 3 67 9 .286 .350 .383 .733
2009 134 534 484 68 142 31 3 6 197 53 6 5 2 5 40 1 3 67 14 .293 .348 .407 .755
2010 82 331 303 41 89 20 2 1 116 36 1 1 1 3 24 2 0 41 14 .294 .342 .383 .725
2011 108 299 264 34 70 11 3 1 90 25 1 1 1 1 33 3 0 48 7 .265 .346 .341 .687
2012 BOS 63 219 204 22 53 19 2 0 76 16 0 0 1 1 12 0 1 43 1 .260 .303 .373 .675
2013 CHC 70 212 192 19 51 13 2 6 86 19 1 0 2 1 17 0 0 31 3 .266 .324 .448 .772
通算:8年 605 2112 1911 243 532 115 14 20 735 204 18 9 9 17 168 9 7 309 51 .278 .336 .385 .721
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 36(2006年)
  • 31(2007年)
  • 15(2008年 - 2009年、2011年)
  • 21(2010年)
  • 12(2012年)
  • 6(2013年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ White Sox bolster lineup, acquire Swisher[リンク切れ] MLB.com Scott Merkin 英語 (2008年1月4日) 2015年3月19日閲覧
  2. ^ Cubs sign Ryan Sweeney MLB Daily Dish
  3. ^ Cubs re-sign Sweeney with two-year contract MLB.com
  4. ^ Rhett Bollinger (2015年12月17日). “Berrios headlines Twins' non-roster invitees” (英語). MLB.com. 2015年12月21日閲覧。
  5. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、227頁。ISBN 978-4-331-51370-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]